FC2ブログ

Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Evans In England / Bill Evans

Bill Evans In England Resonance Records HCD-2037
演奏★★★★☆(音質★★★☆)
『Evans In England』
Resonance Records HCD-2037
1969年12月 Ronnie Scott's Club, ロンドンにてライブ録音
Bill Evans(P) Eddie Gomez(b) Marty Morell(ds)

Disc-1
01. Our Love Is Here To Stay
02. Sugar Plum
03. Stella By Starlight
04. My Foolish Heart
05. Waltz For Debby
06. 'Round Midnight
07. The Two Lonely People
08. Who Can I Turn To(When Nobody Needs Me)
Disc-2
01. Elsa
02. What Are You Doing The Rest Of Your Life?
03. Turn Out The Stars
04. Re: Person I Knew
05. Goodbye
06. Come Rain Or Come Shine
07. Very Early
08. So What
09. Midnight Mood
10. Polka Dots And Moonbeams

Affinity レーベルから発売された 『Quiet Now』 の録音から数日後? アムステルダムから
ロンドンに飛んで、なじみのクラブ、ロニー・スコッツで録られたのが本作。 1969年暮れ
12月のことです。 録音したのは自称ジャズ・コレクターという人物。 録音をエヴァンスが
了承していたというが、本当だろうか? 50年前の個人による録音レベルは これぐらいの
ものなのか・・・

まぁ、エヴァンス・フリークには貴重な音源だし、買わずに見逃すわけにはいきません。
素人が録音すると確実にドラムスがドンシャリになるし、トリオのバランスも良好とは
いえないものになります。 でも、聴く しかありません。

「My Romance」 がないし 「Nardis」 もありません。後者は演奏すると長くなるので割愛
したのかもしれません。 とするとまだ音源は残されている? 第二弾も期待できそう。



よろしければクリックを

スポンサーサイト

Open Sesame / Freddie Hubbard Blue Note 4040

Freddie Hubbard Open Sesame Blue Note BST 84040
★★★★☆
『Open Sesame』
Blue Note BST 84040 → King GXK-8022
1960年6月19日 録音
Freddie Hubbard(tp) Tina Brooks(ts)
McCoy Tyner(p) Sam Jones(b) Clifford Jarvis(ds)


Side-1
1. Open Sesame
2. But Beautiful
3. Gypsy Blue
Side-2
1. All Or Nothing At All
2. One Mint Julep
3. Hub's Nub

20歳のころ、ジャズ喫茶店で リクエストしていたのを昨日のように思い出します。
本作が録音されて10年も経っていないころです。
ちょっとエキゾチックなテーマのタイトル曲に聴き惚れ、2曲目の 「But Beautiful」 が
流れると、いつも違和感を覚えていました。 オリジナルとスタンダードのギャップを。
なぜこのような構成にするのか? オリジナル一辺倒では売れ行きに自信がないのか。

まぁいいか。 フレディの鋭いトランペットの音の洪水に身をまかせれば、それで幸せ。
というわけで、ベストトラックは全員が好調な 「All Or Nothing At All」 できまり。
フレディと当時カッコよかった日野皓正氏が好きで、トランペットを買ってしまった
若い わたしが紫煙たちこめるジャズ喫茶店の片隅に いたのでした。

※以上2013年9月23日の記述でした。


Open Sesame+2 / Freddie Hubbard
  Open Sesame+2 / Freddie Hubbard

↓よろしければクリックを↓

Quartet Quintet Sextet / Lou Donaldson Blue Note1537

Lou Donaldson Quartet Quintet Sextet Blue Note BLP 1537
☆☆☆☆☆(未聴)
『Quartet Quintet Sextet』
Blue Note BLP 1537 → King GXK-8029M
(1-4, 1-5, 2-2)1952年6月20日 録音
(1-1, 1-2, 1-3, 1-6)1952年11月19日 録音
(2-1, 2-3, 2-4)1954年8月22日 録音
Blue Mitchell(tp/1-1, 1-2, 1-3) Kenny Dorham(tp/2-1, 2-3, 2-4)
Matthew Gee(tb/2-1, 2-3, 2-4) Lou Donaldson(as)
Horace Silver(p/Side-1, 2-2) Elmo Hope(p/2-1, 2-3, 2-4)
Gene Ramey(b/1-4, 1-5, 2-2) Percy Heath(b/1-1, 1-2, 1-3, 1-6, 2-1, 2-3, 2-4)
Art Taylor(ds/1-4, 1-5, 2-2) Art Blakey(ds/1-1, 1-2, 1-3, 1-6, 2-1, 2-3, 2-4)


Side-1
1. If I Love Again
2. Down Home
3. The Best Things In Life Are Free
4. Lou's Blues
5. Cheek To Cheek
6. Sweet Juice
Side-2
1. The Stroller
2. Roccus
3. Caracas
4. Moe's Bluff




よろしければクリックを

究極のトーンアーム

最近はオーディオ界にアナログが復活してきています。 アンプなどの真空管の普及は
それほどでもないように思いますが、レコード・プレーヤーに関してはピンからキリまで
多彩な機種を目にするようになりました。

04241913_5cc036df94783.jpg

わたしが通う書店(専門的な書籍・雑誌が少ない)に 「MJ」 最新号が入荷されていたのを
手に取ってパラパラとページを繰って見ていたら、究極のトーンアームが載っていました。
それは、SAEC WE-4700 です。 価格を見て思わず(小さく)叫んでしまいました。
いいですか、発表しますよ。 税別 1,190,000円です!

SAEC WE-4700 トーンアーム
WE-4700.jpg

その価格が音質にどう反映されるのか、貧乏性の わたしとしては想像もつきません。
むかし SME に憧れた時代がありました。 しかしわたしのオーディオ歴のなかで悲しいかな
トーンアーム単独を購入し使用した経験がいっさいありません。 インテグレートなプレーヤー
を数万円で手に入れることを 3度くりかえしただけです。
いちどでいいから、100万円余りのトーンアームに交換して “いやぁ、このレベルのアームは
こんな音がするんだ” と言ってみたいもんですなぁ・・・


よろしければクリックを

画期的だったデンスケ、ついに お別れ

SONY TC-2850SD

独身の最後のころだったか、結婚して間もなくだったか、ソニーのデンスケが我が家に
存在していました。 オーディオとしてのカセットデッキは、別に当時ナショナルの高級機?
を持っていたので、なんのために買ったのかよく覚えていません。
しかし下の娘が生まれたとき、上の娘が妹の名を呼ぶ声をデンスケで録音しているのです。
そして 1980年9月、長女が 4歳のときピアノ・レッスンを始めました。
そこから このデンスケが大活躍し始めました。 マイク2本で娘のピアノ練習の復習する
ようすを録音したのです。 90分テープ 2本が、いま手元に残っています。

つい先日、デンスケを引っ張り出してカセットを装填したところ、再生レバーを押しても
なんの反応もしません! 本体の底部分のネジのところも錆びついている状態です。
使わなくなって 30年以上が経っているので当然といえば当然のことだと思い知りました。

ヤフオクを見てみたら、同じ機種が何点か出品されていて、ジャンク品があったり完動品が
あったり、いまでも需要と供給があるのだと感動? したのです。
そのなかのベルトを交換した完動品にウォッチをかけていたら 53,000円で落札されました。
発売時と ほぼ同額で取引きされたのも、人気があるからなのでしょう。
我が家で活躍してくれたデンスケは、有害ごみの日に お別れすることになりました。


● SONY TC-2850SD(オーディオの足跡)
よろしければクリックを

J.R. Monterose Blue Note1536

J.R.Monterose Blue Note BLP 1536
★★★☆
『J.R. Monterose』
Blue Note BLP 1536 → King GXK-8093M
1956年10月21日 録音
Ira Sullivan(tp) J.R. Monterose(ts)
Horace Silver(p) Wilbur Ware(b) Philly Joe Jones(ds)


Side-1
1. Wee-Jay
2.. The Third
3. Bobbie Pin
Side-2
1. Marc V
2. Ka-Link
3. Beauteous

ドナルド・バード作の 「The Third」、彼は作曲も多いので まあそれなりのおもしろい
曲になっています。 ソロは めずらしくピアノから始まりホーンの入り乱れがあって、
サリヴァンのトランペットソロ。 いきなりですが この曲がベストトラック。
モンテローズが作曲した三曲のオリジナル、いずれも どこか のりきれていません。
ジャロ盤 『The Message』 の五曲のオリジナルで、あれほど熱気に あふれたプレイを
くりひろげた彼が、自作を含めた六曲のオリジナルを “一丁あがり” でこなしています。
わたしは若いころ よくジャズ喫茶に通い、小説などを読んでいた時代がありました。
“読みながら聴けるジャズは多い。 でも、読むことを やめさせるジャズは少ない”
『The Message』 は後者。 本作は残念ながら、前者です。
おおむかしから人気盤として定評のある作品ですが、あらためて聴いた率直な感想です。

※以上2012年6月29日の記述でした。
なお、本作のオリジナル盤が 2019年4月14日にヤフオクで 194,660円!で落札されました。
ほんとうにオリジナルの音って、そんなに価値があるものなのでしょうか?
その出品者の方は、当日ほかにも 4枚のレコードを出品されていて、すべて落札があり
合計で 94万円あまりを手にされました。 最高額のレコードは 『Quiet Kenny』 の盤で
274,900円!でした。 嗚呼!


J.R. Monterose
J.R. Monterose

つぎは これを入手して聴いてみよう。
In Action / J.R. Monterose
In Action / J.R. Monterose

↓よろしければクリックを↓

Look Out! / Stanley Turrentine Blue Note 4039

Stanley Turrentine Look Out! Blue Note BLP 4039
☆☆☆☆☆(未聴)
『Look Out !』
Blue Note BLP 4039
1960年6月18日 録音
Stanley Turrentine(ts) Horace Parlan(p)
George Tucker(b) Al Harewood(ds)


Side-1
1. Look Out!
2. Journey Into Melody
3. Return Engagement
Side-2
1. Little Sheri
2. Tiny Capers
3. Minor Chant

同日録音された他の曲
7. Little Sheri(alternate take/45 version)
8. Tin Tin Deo
9. Yesterdays



よろしければクリックを