Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Nirvana / Herbie Mann & Bill Evans

Herbie Mann Bill Evans Nirvana Atlantic 1426
★★★★
『Nirvana』
Atlantic 1426 (monaural)
(1-1, 1-3, 2-1, 2-2)1961年12月8日 録音
(1-2, 2-3)1962年5月4日 録音
Herbie Mann(ft) Bill Evans(p) Chuck Israels(b) Paul Motian(ds)

Side-1
1. Nirvana
2. Gymnopedie
3. I Love You
Side-2
1. Willow Weep For Me
2. Lover Man
3. Cashmere

ビル・エヴァンスとしては盟友スコット・ラファロを失って5ヵ月と2日後に本作のうち4曲を
新しいベーシスト、チャック・イスラエルスを迎えて録音されました。
主役の相棒はハービー・マン。 なぜこのような共演を行ったのか? マンが望んだのか、
プロデューサーが企画したのか。

ぜんたいにはスローテンポな曲ばかり。 「Cashmere」 だけが ちょっとアップテンポです。
この曲、マンは自作にもかかわらず、アドリブをまるでフルートの初心者のように手探り
状態で進めていきます。 つづくチャックのベースも おっかなびっくり風。
まぁなんとも不思議な雰囲気を持った曲なのです。 しかし一聴の価値はあって、別の意味
でベストトラックです。 聴くのならモノラル盤、というのが もっぱらの評価です。



よろしければクリックを

スポンサーサイト

'Round About Midnight At The Cafe Bohemia / Kenny Dorham Blue Note1524

Kenny Dorham Round About Midnight At The Cafe Bohemia Blue Note BLP 1524
★★★★★
『'Round About Midnight At The Cafe Bohemia』
Blue Note BLP 1524 → King GXK-8013M
1956年5月31日 Cafe Bohemia, ニューヨークにてライブ録音
Kenny Dorham(tp) J.R.Monterose(ts/except 2-2)
Kenny Burrell(g/except 1-2, 2-2) Bobby Timmons(p) Sam Jones(b)
Arthur Edgehill(ds)


Side-1
1. Monaco
2. 'Round About Midnight
3. Mexico City
Side-2
1. A Night In Tunisia
2. Autumn In New York
3. Hill's Edge

当日演奏された他の曲(コンプリートCD二枚に分けて収録)
07. K.D.'s Blues -alternate take-(Burrell out)
08. Monaco -alternate take-(Burrell out)
09. N.Y. Theme(Burrell out)
10. K.D.'s Blues(Burrell out)
11. Who Cares? -alternate take-(Monterose & Burrell out)
12. Royal Roost
13. Who Cares? (Monterose & Burrell out)
14. My Heart Stood Still
15. Riffin'
16. Mexico City -alternate take-
17. The Prophet(Monterose out)

もう なにも述べることはありません。 ひたすら聴くのみです。 大名盤です。 わたしは
とくにケニー・バレルとモンテローズに聴き惚れています。


'Round About Midnight At The Cafe Bohemia
Kenny Dorham

Kenny Dorham Round About Midnight At The Cafe Bohemia Blue Note BLP 1524
よろしければクリックを

Norman Granz' J.A.T.P. In Tokyo Live At The Nichigeki Theater 1953

J.A.T.P. In Tokyo Live At The Nichigeki Theater 1953
★★★★★
『Norman Granz' J.A.T.P. In Tokyo Live At The Nichigeki Theater 1953』
Verve → Polydor 2367 096~8 → Polydor MV-9061~3 → Victor VICJ-40110~11
1953年11月4日、7日、8日 日本劇場、東京にてライブ録音
(Side-1, Side-2)
Roy Eldridge, Charlie Shavers(tp) Bill Harris(tb)
Willie Smith, Benny Carter(as)
Ben Webster, Flip Phillips(ts) Herb Ellis(g)
Oscar Peterson(p) Ray Brown(b) J.C. Heard(ds)

(Side-3)
Oscar Peterson(p) Herb Ellis(g) Ray Brown(b)
(Side-4)
Benny Carter(as) Oscar Peterson(p) GeneKrupa(ds)
(Side-5, Side-6/1~3)
Ella Fitzgerald(vo) Raymond Tunia(p) Herb Ellis(g)
Ray Brown(b) J.C. Heard(ds)

(Side-6/4)
Ella Fitzgerald(vo)
Roy Eldridge, Charlie Shavers(tp) Bill Harris(tb)
Willie Smith, Benny Carter(as)
Ben Webster, Flip Phillips(ts) Herb Ellis(g)
Oscar Peterson(p) Ray Brown(b) J.C. Heard(ds)


Side-1
-Introduction by Norman Granz-
1 Jam Session Blues(→Tokyo Blues)
2 J.C. Heard Drum Solo(→Up)
Side-2
1 Cottontail
2 Ballad Medley
 The Nearness Of You-Someone To Watch Over Me-Flamingo
 -I Surrender Dear-Sweet And Lovely-Stardust-Embraceable You
Side-3
1 That Old Black Magic
2 Tenderly
3 Blues For Trio(→Sushi Blues)
4 Alone Together
5 Swingin' Till The Girls Come Home
Side-4
1 Indiana
2 Cocktails For Two
3 Don't Be That Way
4 Stompin' At The Savoy
Side-5
1 On The Sunny Side Of The Street
2 Body And Soul
3 Why Don't You Do Right
4 Oh, Lady Be Good
5 I Got It Bad And That Ain't Good
6 How High The Moon
Side-6
1 My Funny Valentine
2 Smooth Sailin'
3 Frim Fram Sauce
4 Perdido

1953年11月って、わたしは なにをしていただろう? もうすぐ4歳になるころなので
記憶はほとんどないといえます。 そしてわたしより一回り年上の歌手の美空ひばりさんや
江利チエミさん、雪村いずみさんらジャンケン娘の三人が このライブを聴いていたという
はなしがあります。 ひばりさんは11歳で、チエミさんと いずみさんは15歳で歌手デビュー。
三人ともジャズに目覚めていたので、このコンサートに出演しているエラを聴くために
16歳の彼女らは、まいにち(たぶん)通ったのでした。
残念ながら、ひばりさん(52歳没)とチエミさん(45歳没)は若くして亡くなられました。

さて、本作はジャズ・プロデューサーにしてノーグラン、ヴァーヴを設立したノーマン・
グランツの企画で はじまった Jazz At The Philharmonic(J.A.T.P.)が昭和28年に東京は
有楽町にあった日劇で行ったライブ公演から編集された初出3枚組の LPなのです。
日本では ようやくジャズが浸透しはじめてきた時期、この新しい音楽に目覚めた若者には
未知の魅力を秘めたすばらしい世界。 そこへ本場のミュージシャンが大挙してやってくる。
11月3日から10日まで日劇で6日間、大阪梅田劇場で2日間、連日連夜 公演をする。
これはもう聴くしかないでしょう!

肝心の演奏はというとメンバー全員がエキサイトの塊(かたまり)。 火を噴きそうな熱演。
息つく暇がない、とは こんな演奏をいうのでしょう。 聴き終えると心地よい運動をした
あとのような爽快感に包まれます。
録音は TBSが行ったので、モノーラルながら すばらしい音質で申しぶんありません。
60数年もまえの音とは とても思えないクリアでホール感にあふれた演奏が楽しめます。


よろしければクリックを

Another Time The Hilversum Concert / Bill Evans

Bill Evans  Another Time The Hilversum Concert Resonance Records HLP-9031
★★★★☆
『Another Time The Hilversum Concert』
Resonance Records HLP-9031(LP)
1968年6月22日 Vara Studio 8 in Hilversum, オランダにてライブ録音
Bill Evans(p) Eddie Gomez(b) Jack DeJohntte(ds)


Side-1
1. You're Gonna Hear From Me
2. Very Early
3. Who Can I Turn To ?
4. Alfie
5. Embraceable You
Side-2
1. Emily
2. Nardis
3. Turn Out The Stars
4. Five

あの傑作 『At the Montreux Jazz Festival』 から一週間後にオランダの放送局スタジオで
ライブ録音された、数少ないディジョネットとの貴重な共演盤が やっと陽の目を見ました。
モントルーとは二曲がダブるだけの うれしい選曲。
CDは9月発売なので待ち切れずに6,000枚限定(ファーストプレス)というアナログ盤を
買ってしまい(?)ました。 180gということで、すごく しっかりした盤になっています。
スタジオライブということですが、拍手の音は小さなホールでの音のようにも聞こえます。
基本的に音質は高いレベルですが、ディジョネットの音圧、とくにシンバルの音圧が若干
低めになっているように感じます。 なので☆減点です。 録音自体が おとなしいというか
優しいというかライブ独特の “荒れ” が まったく感じられないのです。
ぜいたくな悩みかもしれません。

「Embraceable You」 などを聴くと冒頭のゴメスのテーマの部分、すごく張りがあって
強烈だし、つづくエヴァンスのピアノもリアルに飛び出してきます。 少しだけ残念なのは
やはりディジョネットのブラシ音が小さいこと。
ただ B面に移って 「Nardis」 ではディジョネットのソロが たっぷり聴けるのがうれしい。
曲全体としては晩年の激しさは皆無で、とっても聴きやすく愉しめます。
このあとにくる 「Turn Out The Stars」 は三人のバランスもよく、ベストトラックです。

今回の貴重な発掘作品、探し出してリリースしてくれたプロデューサーの Zev Feldman氏、
レコーディング・エンジニアの André Louwerse氏、マスタリングの Bernie Grundman氏。
とにかく彼らの功績に感謝して、本作に針を落としましょう。
ちなみに わたしが入手した盤のジャケット裏には5,500番台の数字が手書きされています。


Another Time The Hilversum Concert(180g LP) / Bill Evans
世界6,000枚限定




よろしければクリックを

Swing Journal Jazz Workshop 1 Terumasa Hino Concert / Terumasa Hino

Terumasa Hino Swing Journal Jazz Workshop 1 takt XMS-10016-CT
★★★☆
『Swing Journal Jazz Workshop 1 Terumasa Hino Concert』
takt Jazz XMS-10016-CT
1968年11月22日 銀座ヤマハホールにてライブ録音
(1-1)Terumasa Hino(tp) Takeru Muraoka(ts)
Hiromasa Suzuki(p) Kunimitsu Inaba(b) Motohiko Hino(ds)
(1-2, Side-2)Terumasa Hino(tp) Takeru Muraoka(ts)
Hiromasa Suzuki(p) Kunimitsu Inaba(b) Motohiko Hino(ds)
Koji Hatori, Tetsuo Fushimi(tp) Hiroshi Suzuki, Yasushi Ichiura(tb)
Shigeo Suzuki(as) Shunzou Sunahara(brs) Kiyoshi Sugimoto(g)


Side-1
1. The Shadow Of Your Smile
2. Night Dreamer
Side-2
1. Slobber

先日(2017年4月8日)大阪はシンフォニー・ホールにて日本のクラリネット・ジャズ界の
大御所である北村英治さんのバースデー・コンサートを聴きに行ってきました。
当日は北村さんの88歳の誕生日で、いわゆる米寿(実際は数え年で祝うのが通例)という
記念すべきコンサートでした。 ちなみにお釈迦様の誕生日でもあります。 灌仏会といって
俗にいう “花まつり” の日なのです。
そんなことはさておき88歳とはとても思えない元気さで見事な演奏っぷりに感心しました。
ゲストで出演された後輩の谷口英治さん(cl)も むちゃくちゃ お上手で、すばらしかった。

で、本題の日野皓正氏もゲストで出られたのですが、これがいけなかった。 74歳になられた
ヒノテルさんなのですが、1960年代の魅力はなく、メロディも崩しすぎてハイノートを連発。
なぜ北村さんが共演者に呼ばれたのか(旧いつきあいだからとか)理解に苦しみました。

ヒノテルさんが白木秀雄クインテットで頭角を現した1960年代半ばから1960年代末までの
数年間を知る者にとって、70年代初頭、CANYON レーベルに移ってからの 『Peace & Love』
や 『A Part』 は、ヒノテルさんも ついにこんな路線を歩み始めたか、と思ったものです。
本作は takt Jazz 100000番シリーズの16作目に当たり、ヒノテルさんの三作目。
彼が録音に参加したのは下記の作品で、名作ぞろいです。(他にもう一作あります)

XMS-10001 『Feelin' Good』
XMS-10011 『Hino=Kikuchi Quintet』
XMS-10016 本作
XMS-10018 『Swing Journal Jazz Workshop 2 Sadao Watanabe Dedicated
      To CharlieParker』 *渡辺貞夫氏名義
XMS-10020 『Hi-Nology』
XMS-10023 『Alone, Alone And Alone』(JAZZ-13)
XMS-10025 『Into The Heaven』
XMS-10027 『Alone Together』

こういった作品群のなかで、本作はジャズ・ワークショップとしてのライブ音源。
ちょっと質が落ちる演奏となっていて、名録音家といわれる菅野沖彦氏の録音が冴えない。
悪いことばっかり書いてしまいましたが、「The Shadow Of Your Smile」 はそれなりに
聴きごたえがあるバラードの名曲なので、じっくり楽しんでください。

日野皓正Swing Journal Jazz Workshop 2

ジャケット裏の写真、マウスピース Jet Tone 6B を装着した かっこいいヒノテルさん。



よろしければクリックを

Zoot At Ease / Zoot Sims

Zoot Sims Zoot At Ease Famous Door HL 2000
★★★★★
『Zoot At Ease』
Famous Door HL 2000 → Toshiba-EMI Stateside IHJ-80082
(1-1, 1-3, 2-1, 2-3)1973年5月30日 録音
Zoot Sims(ts/2-1,2-3 ss/1-1, 1-3)
Hank Jones(p) Milt Hinton(b) Louis Bellson(ds)

(1-2, 1-4, 2-2, 2-4)1973年8月9日 録音
Zoot Sims(ts/1-2, 1-4, 2-4 ss/2-2)
Hank Jones(p) Milt Hinton(b) Grady Tate(ds)


Side-1
1. Softly, As In A Morning Sunrise
2. In The Middle Of A Kiss
3. Rosemarty's Baby
4. Beach In The A.M.
Side-2
1. Do Nothing Till You Hear From Me
2. Alabamy Home
3. Cocktails For Two
4. My Funny Valentine

先月23日がズートの33 回忌でした。 亡くなって、もうそんなに年数が経ったのですね。
このアルバムはテナーとソプラノを吹き分ける、ズートの傑作の一枚といえるでしょう。
オープニングの名曲 「Softly, As In A Morning Sunrise」 から快調に飛ばしています。

わたしとしては、ソプラノの曲にとても魅力を感じます。 「Rosemary's Baby」 を聴いて
みてください。 こんなにアップテンポでもアドリブは泉のごとく溢れだしてくるのです。
途切れることのない感性の豊かさと、裏打ちされた強靭な音楽的テクニックが見事です。
とにかく騙されたと思ってソプラノ曲から聴いて楽しんでください。

彼にはもっと長生きしてほしかった。 死因は癌ということだけしかわからず、59歳という
ほんとうに いまでは考えられない年齢で、天に召されてしまいました。 合掌!



よろしければクリックを

Swing, Swang, Swingin' / Jackie McLean Blue Note 4024

Jackie McLean Swing Swang Swingin Blue Note BLP 4024
★★★★☆
『Swing, Swang, Swingin'』
Blue Note BLP 4024 → King GXK-8081
1959年10月20日 録音
Jackie McLean(as) Walter Bishop Jr.(p)
Jimmy Garrison(b) Art Taylor(ds)


Side-1
1. What's New
2. Let's Face The Music And Dance
3. Stable Mates
4. I Remember You
Side-2
1. I Love You
2. I'll Take Romance
3. 116th And Lenox

ほんとうに聴きやすい。 こんなに すんなり入ってくるジャズも珍しいのでは。
ハンク・モブレーの 『Soul Station』 のところでも書いたのですが、同じように これが
マイルス・デイヴィスの 『Dig』 で共演したマクリーンと同一人物なのか疑ってしまう。
まるで引っかかりがない、なさすぎるのです。 楽器が彼の からだの一部としか思えない
ほどスムースなプレイ。 といって ちゃんとマクリーン節は満載なのです。
しかし、やはりワンホーン・ジャズの快演には ちがいありません。
スタンダード曲がすべて良い。 とくに好きなのは 「Let's Face The Music And Dance」、
「I'll Take Romance」 の二曲です。

※以上は 2012年1月28日の記述です。


Swing, Swang, Swingin' / Jackie McLean
 Swing, Swang, Swingin' / Jackie McLean

よろしければクリックを