Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Taylor's Wailers / Arthur Taylor

Art Taylor Taylors Wailers Prestige PRLP 7117
★★★★
『Taylor's Wailers』
Prestige PRLP 7117 → OJC-094(Original Jazz Classics)
(1-1, 1-3, Side-2)1957年2月25日 録音
Donald Byrd(tp) Jackie McLean(as) Charlie Rouse(ts)
Ray Bryant(p) Wendell Marshall(b) Arthur Taylor(ds)

(1-2)1957年3月22日 録音
John Coltrane(ts) Red Garland(p)
Paul Chambers(b) Arthur Taylor(ds)


Side-1
1. Batland
2. C.T.A.
3. Exhibit A
Side-2
1. Cubano Chant
2. Off Minor
3. Well You Needn't

アート・テイラー(1929年4月6日~1995年2月6日)の数少ないリーダー作にして熱烈な
ファンがオリジナル盤を探し求めている、隠れ作品。 といってもとんでもない高額には
ならないのですが・・・彼は22年前に65歳という若さで死因不明で亡くなっています。

本作はプレスティッジお得意のジャムセッション的作品でジャズ喫茶店の店長は おおいに
気にいったのでは ないでしょうか。
わたしはメンバーのなかではチャーリー・ラウズのプレイが気にいっています。 モンクと
12年近くもカルテットを組んでいた名プレイヤーです。 彼も64歳、で夭折しています。

演奏曲ですが 「Batland」 と 「Exhibit A」 はLee Sears作となっていますが、これはジジ・
グライスのこと。 「Batland」 でピアノのレイ・ブライアントが自作の 「 Little Susie」 の
テーマを引用しています。
グライスの曲が二曲、ブライアントの有名な曲 「Cubano Chant」、モンクの曲が二曲、
録音日とメンバー(トレーンのカルテット)が異なるジミー・ヒースの曲が一曲、と
本作はバラバラなイメージが大きいのでヒット作とはならず冒頭で述べたようにアートの
熱烈なファンのための作品となったのです。



よろしければクリックを

スポンサーサイト

The Music From The Connection / Freddie Redd Blue Note 4027

Freddie Redd The Music From The Connection Blue Note BLP 4027
★★★★★
『The Music From The Connection』
Blue Note BLP 4027 → King GXK-8144
1960年2月15日 録音
Jackie McLean(as) Freddie Redd(p)
Michael Mattos(b) Larry Ritchie(ds)


Side-1
1. Who Killed Cock Robin
2. Wigglin'
3. Music Forever
Side-2
1. Time To Smile
2. Theme For Sister Salvation
3. Jim Dunn's Dilemma
4. O.D.(Overdose)

いやぁ、この作品はなんと表現すれば うまく伝わるのか、ちょっと ためらってしまいます。
というのは、麻薬劇につけられた音楽なのに、まったく そのような “裏” や “暗さ” を
感じさせない明るさが あるからです。 明るさとはいえマイナーには違いないのですが…
そしてレッドが書いたオリジナル曲が、すべて違和感なく心の中に沁みこんでくるのです。
レッドの優れた作曲能力には脱帽させられます。
そして 「Theme for Sister Salvation」 でのレッドのピアノソロは なんともいえない独特の
味わいがあります。 タイム感覚というか、微妙なズレが不思議な魅力を醸しだしています。
7曲すべて すてきなのですが、これがベストトラックか。 マクリーンも ほんとうに
すばらしくて、不思議な魅力を持った作品だと言えるでしょう。

※以上 2012年7月15日の記述でした。


The Music From The Connection / Freddie Redd
The Music From The Connection / Freddie Redd

よろしければクリックを

Fuego / Donald Byrd Blue Note 4026

Donald Byrd Fuego Blue Note BLP 4026
★★★★★
『Fuego』
Blue Note BST 4026 → King GXK-8037
1959年10月4日 録音
Donald Byrd(tp) Jackie McLean(as)
Duke Pearson(p) Doug Watkins(b) Lex Humphries(ds)


Side-1
1. Fuego
2. Bup A Loup
3. Funky Mama
Side-2
1. Low Life
2. Lament
3. Amen

B面を何回聴いたことだろう。 ゴスペルタッチ、全曲バードの作曲ですが、まるで
むかしから存在しているかのような 3曲。 オリジナルという次元を超えています。
モダンジャズらしくないから聴かないとか、そんな理屈を ぶち破って聴かなければ
いけない必聴盤の一枚です。

マクリーンもピアソンもいい。 ハンフリーズのタムタムの叩き方に しびれるのです。
今回また じっくり聴いてみたところ、A面の良さも確かめられました。
「Funky Mama」 は すごく切ないブルース。 で、ベストトラックといえる曲が、
「Bup A Loup」 であることを発見。 ルーという人名だけど、意味不明のタイトル。
でも もういちど しっかり聴きましょう。 きっと好きになるでしょう。

※以上 2013年10月1日の記述でした。


Fuego / Donald Byrd
 Fuego / Donald Byrd

よろしければクリックを

The Time Is Right / Lou Donaldson Blue Note 4025

Lou Donaldson The Time Is Right Blue Note BLP 4025
★★★★
『The Time Is Right』
Blue Note BLP 4025 → Toshiba-EMI BNJ-71031
(1-1, 1-2, 1-4, Side-2)1959年10月31日 録音
Blue Mitchell(tp/except 1-2) Lou Donaldson(as)
Horace Parlan(p) Laymon Jackson(b) Dave Bailey(ds)
Ray Barretto(cga)

(1-3)1959年11月28日 録音
Blue Mitchell(tp) Lou Donaldson(as)
Horace Parlan(p) Sam Jones(b) Al Harewood(ds)
Ray Barretto(cga)<


Side-1
1. Lou's Blues
2. Be My Love
3. Idaho
4. The Nearness Of You
Side-2
1. Mack The Knife
2. Crosstown Shuffle
3. Tangerine

いつものことながらホレス・パーランが お気に入りではないので、それに加えて全曲!に
コンガが入っているので、星一つ減(ホンネは一つ半減)です。
リーダー(ちょっと歌い過ぎかも)とブルー・ミッチェルは申し分ないのですが・・・

この盤においてもパーランの演奏を “アーシー” だと書かれている評論家やブロガーが
けっこう いらっしゃるのですが、アイデアの才能に欠けるが故に繰り返されるフレーズが
ほんとうに耳につくのですね。 本作は まだましなほうですが。

なので残念ながら おすすめのベストトラックはありません。
それとは別に一部のデータで 「Idaho」 にコンガのレイ・バレットが参加していないような
記述もありますが、ちゃんとソロも とっています。


8 CLASSIC ALBUMS / Lou Donaldson
8 CLASSIC ALBUMS / Lou Donaldson

よろしければクリックを

ライカ ズミクロン SOSTA の疑問

Leica Collectors Guide Hove Collectors Books

先日オークションサイトで ライカのレンズを検索していたら ズミクロン 50mm f/2 の
Lマウント、つまりスクリューマウントの、なんと固定鏡胴モデルが出品されていました。
これは たいへん珍しいものでコードネームを SOSTA と称し1960年から1963年の四年間
の製造で、たった1,160本しか存在しません。 そして数十万円!で値付けされていました。
で、問題なのは出品されていたレンズのシリアルナンバーがライカのカタログによると
1958年に製造されたものだったということなのです。 不思議なことがあるものです!
出品者の言によると “ライカのカタログに掲載されているシリアルナンバーは管理状態が
あいまいで正確ではない” とおっしゃるのです。
カタログ(正確には Leica Collectors Guide - Hove Collectors Books -)は なんのために
あるのか。 われわれは くわしい情報を権威あるカタログから得るのではないのでしょうか。
1960年から1963年の四年間に製造されたものが希少であるのに、出品しているレンズは
1958年製という矛盾が生じます。
そうなると矛盾が矛盾でなくなる事象が必ずあるものです・・・・・発見しました!

出品者の方が重要視していない 「ライカ ポケットブック日本版(田中長徳氏訳)」 の
86ページに記載されている “ライツによって公式に改造されたレンズ” の項が それです。
そこには “現行のレンズのバヨネットマウントからスクリューマウントへの改造” とあり、
“1950年代後期は(略)大量のスクリューマウントを生産した。 これらのレンズは順次
バヨネットマウントに変換された。 しかしその中の少数のレンズはスクリューマウントに
再改造されたのである(略)” ・・・これだ! と思いました。

ある人が “持っているボディは Lマウント(スクリュー)だけど、いまズミクロン 50mm は
Mマウント(バヨネット)しか製造していない。 そうだ!ライツがバヨネットレンズを
スクリュータイプに変換しているって広告に出ていたなぁ。 そのレンズを探して買えば
いいんじゃないか!”
そしてオーナーは目的の レンズを手に入れ、手持ちのボディに装着し、
“これって、珍品の SOSTA と同じじゃないか!” と言いつつ ほくそ笑むのでした。

そうです、ライツは古いタイプのボディのオーナー向けに変換を行っていたのでした。
そして、もうひとつの要因は Lマウントズミクロン50mm のほとんど(57,980本)が
沈胴なので、もっとデザイン的に優れた固定鏡胴が ほしいと思うオーナーが多かった?
からかもしれません。
こうして疑問は解決しました!


ライカ ポケットブック日本版

1991年1月発行の初版で、86ページに記載されている略号表記の間違いが元凶です。
(誤)Rig 沈胴式、coll 固定鏡胴式 が逆で Rig 固定鏡胴式、coll 沈胴式 が正解。


Leica Summicron 50mm f2 rigid screw mount

これが本物の SOSTA 1,160本しか製造されなかった希少レンズです。
写真は 11018 の距離がフィート表記です。


Summicron 50mm screw 1953-1963

Leica M3 Summicron

これは わたしが所持している M2 とズミクロン 50mm f/2 バヨネットモデルです。
よろしければクリックを

Empathy / Shelly Manne & Bill Evans

Bill Evans Empathy Verve V6-8497
★★★★☆
『Empathy』
Verve V/V6-8497
1962年8月14日 録音
Bill Evans (p) Monty Budwig (b) Shelly Manne (ds)

Side-1
1. The Washington Twist
2. Danny Boy
3. Let's Go Back To The Waltz
Side-2
1. With A Song In My Heart
2. Goodbye
3. I Believe In You

わたしはシェリー・マンのリーダー作を一枚も持っていません。
サイドマンとして もっぱら聴くのはウエスト・コースト作品ではなく
ビル・エヴァンスとの共演の2作です。 マンは これを聴いているだけで
並のドラマーでないことが はっきりわかります。
たとえば世評で こきおろされている 「The Washington Twist」 のエンディング近い
部分のマンの小気味良いドラミングは さすがだと思います。
同じことは 「Let's Go Back To The Waltz」 にも言えます。 アップテンポになってからの
わくわくするようなブラシさばきが見事です。 スネアとタムの響きがとてもいい。
うまく調整しているのですね。

※以上は 2011年6月11日の記述です。

いまは亡きジャズ評論家の YN氏が著書で本作のことをかなりこきおろしておられましたが
その評価を全面的に否定します。 とくに 「The Washington Twist」 を “笑うしかない曲”
と表現されていることは、まったくもって的を射ていません。 アレンジが お気に召さない
のでしょうが、わたしに言わせればエヴァンスの素養がこのユーモアになったのだと思う。
さらに 「With A Song In My Heart」 の “前衛ジャズごっこ” に至っては、高い才能の
レベルを誇る二人だからこそ、こういう表現になったのであって “前衛” とはいえません。

わたしが選ぶベストトラックは 「Let's Go Back To The Waltz」 で、テンポが自由というか
自在さが、ほんとうに見事です。 YN氏はその点も気に入らないようですが・・・
彼が推す 「I Believe In You」 もおもしろいアプローチで すばらしい演奏ではあります。

まぁ本作はエヴァンスもさることながら、マンのドラミングの上手さに “ハッ” とし、
すばらしいドラム演奏はジャズにとって重要なものだと思い知らされる作品なのでした。



よろしければクリックを

Jimmy Smith At The Organ Vol.3 Blue Note1525

Jimmy Smith At The Organ Vol.3 Blue Note BLP 1525
☆☆☆☆☆(未聴)
『Jimmy Smith At The Organ Vol.3 -The Incredible-』
Blue Note BLP 1525 → Toshiba EMI BN 1525
(1-2, 2-3)1956年6月17日 録音
(1-1, 1-3, 2-1, 2-2, 2-4)1956年6月18日 録音
Thornel Schwartz(g) Jimmy Smith(org) Donald Bailey(ds)

Side-1
1. Judo Mambo
2. Willow Weep For Me
3. Lover Come Back To Me
Side-2
1. Well You Needn't
2. Fiddin' The Minors
3. Autumn Leaves
4. I Cover The Waterfront

17日に録音された他の曲
08. Jamey
09. My Funny Valentine
18日に録音された他の曲
10. Slightly Monkish
11. I Can’t Give You Anything But Love


Eight Classic Albums / Jimmy Smith
Eight Classic Albums / Jimmy Smith

よろしければクリックを