Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Out Front / Booker Little

Booler Little Out Front Candid CJS 9027
★★★
『Out Front』
Candid CJS 9027 → Victor SMJ-6170
(1-1, 1-3, 2-4)1961年3月17日
(1-2, 2-1, 2-2, 2-3)1961年4月4日 録音
Booker Little(tp) Julian Priester(tb)
Eric Dolphy(as,bcl,fl) Don Friedman(p)
Art Davis(b/1-1, 1-3, 2-4) Ron Carter(b/1-2, 2-1, 2-2, 2-3)
Max Roach(ds, timpani, vib)


Side-1
1. We Speak
2. Strength And Sanity
3. Quiet, Please
Side-2
1. Moods In Free Time
2. Man Of Words
3. Hazy Hues
4. A New Day

本作のジャケット写真とデザインは Frank Gauna氏。 あっさりしすぎているというか
オーソドックスというか、ひねりがないぶんジャズなのに気品が漂うデザインなのです。
持っているぶんには すてきなジャケットなのですが、ほとんど聴く気がおこらない。
ジャズ喫茶が幅をきかせていた最後の時代、1970年代初頭、喫茶店のアルテックA7から
この作品が流れてきたら、“これかッ、どいつがリクエストしたんだッ!” てな調子で
でも(いまはやめた)タバコを喫いながら文庫本を読んで辛抱したものです。
このレコードは苦悩する? 大学生らが文化人気取りでアクセサリー代わりに聴く、そんな
雰囲気がしたものですが、リトルは微塵も思っていないのは確かです。
多数のブローガーによると、黒人公民権運動の表現から生まれた音楽だとか・・・
お笑いの小島よしお氏じゃないけれど “でも、そんなの関係ねぇ” と思います。
だって音楽本来の意義である 「オトを楽しむ」 ことは まったく考えられていないから。

この作品のあと3ヵ月後の夏にもう一枚の代表作 『Booker Little And Friend』 を録音し
8月9日には本作のメンバーに似た陣営で 「Man From South Africa」 が最後の録音になり
10月5日の木曜日に尿毒症による合併症で 23歳という若さでこの世を去りました。



よろしければクリックを

スポンサーサイト

The Big Beat / Art Blakey & The Jazz Messengers Blue Note 4029

Art Blakey The Jazz Messengers The Big Beat Blue Note BLP 4029
★★★★
『The Big Beat』
Blue Note BLP 4029
1960年3月6日 録音
Lee Morgan(tp) Wayne Shorter(ts)
Bobby Timmons(p) Jymie Merritt(b) Art Blakey(ds)


Side-1
1. The Chess Players
2. Sakeena's Vision
3. Politely
Side-2
1. Dat Dere
2. Lester Left Town
3. It's Only A Paper Moon

わたしの好みでいえば本作は、めったにというか ほとんど聴いていない。
なぜか、それはショーターが参加しているから。 メッセンジャーズのテナーは
けなされてはいてもベニー・ゴルソンでないと落ち着かないのです。 たとえば
ピアノがティモンズ以外の人を想像してみてください。 ありえないでしょう?

ショーターは1959年11月5日にメッセンジャーズで初録音をし、1964年4月24日の
『Indestructible』 で4年5ヵ月在籍した同楽団のリーダー、ブレイキーと袂を分かち、
マイルスに乞われて同年9月25日から始まるヨーロッパツアーに参加しています。
わたしはマイルスバンドのテナーでも、ショーターよりコールマンやサム・リバースを
愛する人なので、ショーターの良さがわからない。 『Bitches Brew』 などは別ですが。

まぁそういうことはさておいて、本作には これといったベストトラックがありません。
六曲のうちなんとショーターが三曲も提供しているのですが 「Lester Left Town」 での
彼のソロはマイルスの下で傑作?となった 『Plugged Nickel』 を彷彿させるプレイが
垣間見えるようです。 で、悔しいのですが 「Lester Left Town」 が聴きものでしょう。



よろしければクリックを

Memorial Album / Clifford Brown Blue Note1526

Clifford Brown Memorial Album Blue Note BLP 1526

Clifford Brown Lou Donaldson Blue Note BLP 5030-1 Clifford Brown Blue Note BLP 5032
★★★★★
『Memorial Album』
Blue Note BLP 1526 ← 5030 & 5032 → King GXK-8054M
(Side-2, 11~14)1953年6月9日 録音
Clifford Brown(tp) Lou Donaldson(as)
Elmo Hope(p) Percy Heath(b) “Philly” Joe Jones(ds)

(Side-1, 15~18)1953年8月28日 録音
Clifford Brown(tp) Gigi Gryce(as, fl) Charlie Rouse(ts)
John Lewis(p) Percy Heath(b) Art Blakey(ds)


Side-1
1. Hymn Of The Orient
2. Easy Living
3. Minor Mood
4. Cherokee
5. Wail Bait
Side-2
1. Brownie Speaks
2. De-Dah
3. Cookin'
4. You Go To My Head
5. Carving The Rock

CD Aditional tracks(Previously Unissued Original 12" Album)
11. Bellarosa
12. Carving The Rock(alternate take #1)
13. Cookin'(alternate take)
14. Carving The Rock(alternate take #2)
15. Brownie Eyes
16. Wail Bait(alternate take)
17. Cherokee(alternate take)
18. Hymn Of The Orient(alternate take)

彼の愛器は彫刻が美しいブレッシング・スーパー・アーティスト・モデル、
BLP 1526には くっきりとその雄姿が映し出されているのがわかります。
そして2枚の10インチと12インチの曲すべてが聴ける便利な CDがあります。
ジャズ史における宝物が聴けるしあわせ、ほんとうにいい時代です。
でも神がいるなら残酷なことをされる。 ブラウニーは1956年6月26日に25歳で天に…

本作については評論するなんて、めっそうもないこと。 これは国宝級の作品なのですから。
ブラウニーの頭の中は、いったいどういう構造だったのでしょうね。 テーマの流れるような
演奏はもちろんのこと、アドリブに入るや否や泉が湧くごとく涸れることないフレーズの
連続。 モーツァルトがミューズの神の子であるように、ブラウニーもジャズの神の子!
もし彼がいなかったら、ジャズの愉しみの何パーセントが失われたことでしょう。

※以上 2011年10月30日の記述に加筆いたしました。


Memorial Album / Clifford Brown
Memorial Album / Clifford Brown

よろしければクリックを

Creation / Keith Jarrett

Kieth Jarrett Creation ECM 2450
★★★★☆
『Creation』
ECM 2450
(9)2014年4月30日 オーチャードホール, 東京にてライブ録音
(6)2014年5月6日 オーチャードホール, 東京にてライブ録音
(2, 5)2014年5月9日 紀尾井ホール, 東京にてライブ録音
(1)2014年6月25日 Roy Thomson Hall, トロントにてライブ録音
(3)2014年7月4日 Salle Pleyel, パリにてライブ録音
(4, 7, 8)2014年7月11日 Auditorium Parco della Musica, ローマにてライブ録音
Keith Jarrett(p)

1. Part Ⅰ
2. Part Ⅱ
3. Part Ⅲ
4. Part Ⅳ
5. Part Ⅴ
6. Part Ⅵ
7. Part Ⅶ
8. Part Ⅷ
9. Part Ⅸ

雅子妃殿下も熱烈なキースのファンであられ、1996年のオーチャードホールのライブには
足を運ばれたとか。 いまやキースは神の領域に入ったかのようなミュージシャンのひとり。
リリースするCDはすべて話題作になり、世界各国で注目を集めています。
本作のローマでの公演時で彼は69歳。 やはり演奏には年齢を重ねた悟りのようなものが
表現されています。

わたしは彼のいちばんの魅力はジャズトリオのプレイだと確信している人間なのです。
いまのところ(2017年8月現在)8年間もトリオ盤が録音されていません。
72歳になられたいま、トリオ、それもモダンジャズを録音してもらいたいものです。

本作のなかでは 「Part Ⅴ」 と 「Part Ⅵ」 が好きでくりかえし聴いています。



よろしければクリックを

Jack Johnson / Miles Davis

Miles Davis Jack Johnson Columbia S 30455
★★★★★
『Jack Johnson』
Columbia S 30455
1970年2月18日、4月7日 録音
Miles Davis(tp) Steve Grossman(ss) Bennie Maupin(bcl/Side-2)
John McLaughlin(el-g) Sonny Shaaock(el-g/Side-2)
Herbie Hancock(key) Michael Henderson(el-b) Dave Holland(el-b/Side-2)
Billy Cobham(ds) Jack DeJohnette(ds/Side-2)
Brock Peters(Jack Johnson's Voice)


Side-1
1. Right Off
Side-2
1. Yesternow

このような投稿には S ○○○○○ I さんから、また “単にブログの場所ふさぎ” という
お叱りのコメントをいただきそうですが、ほんとうに すばらしいと思っているので敢えて
投稿しています。 と言っても 「Right Off」 のほうのみですが・・・
「Yesternow」 は既存のテープの寄せ集めなのでテオ・マセロの趣味みたいなものですから。

マイルスのレコードはこれ以降 『On The Corner』 まで買い求めましたが、本作だけは残し、
『Bitches Brew』 以降はすべて処分しました。
故に超高評価なる 『Get Up With It』 は手にしたものの、いちど聴いただけで売り飛ばして
しまいました。 ジャズ評論家の故YN氏などは高評価の先鋒だった方で、その文章を読むに
つれ頭をひねったものでした。 しかし氏の本作に対する評論には納得するものが大いに
あって、共感できるのです。

とにかく、なぜか夏は 「Right Off」 が聴きたくなるのです。 からだが動く、リズムで揺らぐ。
マイルスをはじめメンバー全員が演奏していて、ほんとうに楽しかったんだろうなぁ、と
思うミュージックです。 天才プロデューサー、テオ・マセロは “これしかない!” と
持った湯のみをバッタと落とし、小膝叩いて にっこり笑ったこと* でしょう。
*浜村 淳氏語録



よろしければクリックを

Movin' & Groovin' / Horace Parlan Blue Note 4028

Horace Parlan Movin Groovin Blue Note BLP 4028
★★☆
『Movin' & Groovin'』
Blue Note BLP 4028 → King GXK-8123
1960年2月29日 録音
Horace Parlan(p) Sam Jones(b) Al Harewood(ds)

Side-1
1. C Jam Blues
2. On Green Dolphin Street
3. Up In Cynthis's Room
4. Lady Bird
Side-2
1. Bag's Groove
2. Stella By Starlight
3. There Is No Greater Love
4. It Could Happen To You

拙ブログ、ホレス・パーランの項で 『Us Three』 を ぼろくそに こきおろしました。
きょう取りあげる 『Movin' & Groovin'』 もやはり同じ結果となってしまいました。
オープニング曲、かの有名な 「C Jam Blues」。 2分25秒あたりでアイデアが枯渇し、
2分50秒過ぎから得意?の くりかえしが始まり、3分ちょっと過ぎから何回か音が
つっかえて止まる。 はじめて聴いたとき針飛びを起こしているのか と思ったほどです。
しかしCDだから それはあり得ません。 4分数秒過ぎに くりかえしから脱却します。
「On Green Dolphin Street」 のエンディングテーマでは妙にテンポアップして、いかにも
演奏を はやく切り上げたい そぶりです。 本人が まったく愉しんでいません。
つづく唯一のオリジナル 「Up In Cynthis's Room」 では心ここにあらず、みたいな曲想。
ダメロン作の 「Lady Bird」 は聴けるレベルまで落ち着いてきた、が まだまだです。
「Bag's Groove」 も3分から45秒間、二種のくりかえしで繋いでいます。 しんどい。
「Stella By Starlight」 ではテーマの56秒と1分9秒で音を はずす始末。 なぜ録り
直さなかったのか不思議です。 ライオンさ~ん! 聴いてました? その後のアドリブも
プロとは思えない部分が多すぎます。
わたしのなかで、なんとか聴くに堪えた演奏は 「It Could Happen To You」 でした。
えらそうなことを延々と述べましたが、これだけ魅力のスタンダードを並べ、聴く気を
起こさせる BN でも こういうことがあるんだ、という見本でした。

パーラン・フリーク以外の方には、お薦めできません。

※以上 2012年6月26日の記述でした。


Seven Classic Albums / Horace Parlan
 Seven Classic Albums / Horace Parlan

よろしければクリックを

Either Way / Zoot Sims And Al Cohn

Zoot Sims And Al Cohn Either Way Fred Miles Presents FM-1

Al Cohn And Zoot Sims Either Way Fred Miles Presents FM-1
★★★★☆
『Either Way』
Fred Miles Presents FM-1 → Teichiku Baybridge Records ULS-1686-B
1961年2月 録音
Al Cohn, Zoot Sims(ts) Mose Allison “Old Grand Happy”(p)
Bill Crow(b) Gus Johnson(ds) Cecil “Kid Haffey” Collier(vo/1-2, 1-3, 2-3)


Side-1
1. P-Town
2. I Like It Like That
3. Sweet Lorraine
4. Autumn Leaves
Side-2
1. The Thing
2. I'm Tellin' Ya
3. Nagasaki
4. Morning Fun

テイチク盤の解説で岩浪洋三氏が書いておられるので、その記述を参考にすると
“幻の名盤” ブームは本作邦盤が発売された1976年には すでに終わっていたようです。
わたしがジャズのレコードを買い始めたのが1968年ごろ。 雑誌スイングジャーナル社が
1974年4月に幻の名盤ばかりを掲載した増刊号を出したのですが、いま手元にありません。
ほんとうに、このブームは大はやりしたものです。 ジャズファンみんなが踊らされました。

その最右翼である本作はズートとアルの絶好調な快演が愉しめます。 わたしが好きなのは
「The Thing」 「I'm Tellin' Ya」 の二曲。 とくに後者の終盤での二人のバトルはすばらしい。
そしてラストに配された 「Morning Fun」 がベストトラックだと思います。
二人の、アイデアが溢れるブローイングセッション、糸を紡ぎ出すようなモーズ・アリソン。
ジャムセッション風の、味わい深い演奏です。

しかし このアルバムには美しいとはいえない、むしろダミ声に近いボーカルが三曲も
入っています。 多くの方は、これを高評価されているのですが、わたしには解せません。
星半分減です。 これに関してはフレッド・マイルスに苦言を呈したい思いです。

余談ですが、ジャケットのズートのシャツの襟に STEREO の表記がないモノラル盤が
存在するようです。 こちらの有名なブロガーが紹介されています。


Either Way / Zoot Sims And Al Cohn

よろしければクリックを