Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Sadao Watanabe At “Pit Inn”

Sadao Watanabe At “Pit Inn” CBS Sony SOPN-113
★★★★
『Sadao Watanabe At “Pit Inn”』
CBS Sony SOPN-113
1974年12月24日 新宿 “Pit Inn” にてライブ録音
Sadao Watanabe(as) Cedar Walton(p)
Sam Jones(b) Billy Higgins(ds)


Side-1
1. Body And Soul
2. Softly, As In A Morning Sunrise
Side-2
1. Blues For Amos
2. Oleo
3. Blue Monk

巷間、本作はストレートアヘッドな名作、傑作との誉れが高いのですが、ほんとうなのか?
ワンホーン、ライブ、ピット・イン、ナベサダ、シダー・ウォルトン、サム・ジョーンズ、
ビリー・ヒギンス。 これらの要素が1970年代の日本で そうさせたのではないでしょうか。
わたしは いつも感じているのですが、ナベサダさんにはアート・ペッパーが持っている
サムシング、ブルースの神髄が足りない(失礼を お許しください)と思っているのです。
それに本作を いま現在聴きなおしてみると、なにか物足らないのです。

ナベサダさんは当時41歳、脂がのりきった年齢でキャリアも充実していたでしょうに・・・
ちなみにウォルトン40歳、サム・ジョーンズ50歳、ヒギンス38歳。

ナベサダさん以外では もちろんウォルトンのピアノが際立っているのですが、たとえば
「Oleo」 でのピアノソロ、一聴すると彼のピアノソロは超絶技巧のように聞こえるかも
しれませんが、これが落とし穴。 機械的すぎて胸に響かないのです。
そして演奏とは関係のないところで、ラストのナベサダさんのメンバー紹介と聴衆への
お礼のことば。 中山康樹氏が名盤 『Miles In Tokyo』 で いソノてルヲ氏のアナウンスの
部分をカットしてほしいとおっしゃっていますが、まさに本作も同じく、ナベサダさんの
声をカットしてほしい。 といっても演奏に かぶっているので不可能なのですが・・・
そんなこんなで渡辺貞夫氏の本作、星四つは甘めにつけました。

閑話休題、43年まえのクリスマス・イヴは なにをしていたのだろう。 結婚して初めての
楽しいはずのイヴ。 寒空のなか、夫婦二人で住むところを探すという辛いイヴでした。


よろしければクリックを

スポンサーサイト

Barney Wilen Quintet

Barney Wilen Quintet Guilde Du Jazz J-1239
★★★★★
『Barney Wilen Quintet』
Guilde Du Jazz J-1239 → Fresh Sound Records → Sam Records SR05 J.1239
1957年春 パリにて録音
Barney Wilen(ts) Hubert Fol(as)
Nico Buninck(p) Lloyd Thompson(b) Al Levitt(ds)


Side-1
1. Moving Out
2. Brainstorm
3. Lloyd's Brother's Tune
4. Crystal Ball
5. Spracklin
Side-2
1. Up In Alsace
2. Dink
3. Blue Hubert
4. The Office
5. Papiermento
6. Snakes

このデビューアルバムの録音時、バルネ・ウィランは弱冠二十歳。 にして傑作が誕生。
バルネもいいけれどヒューバート・フォルのアルトがアート・ペッパーに肉薄するほどの
できですばらしい。 バルネより一回りも年上で1995年に69歳で亡くなっています。
その翌年バルネは59歳という若さで亡くなっています。 才能あふれる人は夭折が多い。

この作品はジャズファンなら高値で取り引きされることは、もちろん ご存じでしょう。
六桁はくだらないなどといわれ、つい最近もヤフオクで それに近い金額で落札されました。
まぁ内容は たしかに “傑作” と表現したように、どの曲も名演には まちがいありません。
しかし10万円も出すほどのレコードなのでしょうか? 落札された方に心境を伺ってみたい。

11曲のなかで わたしが好きなのは 「Spracklin」 と 「Blue Hubert」 の二曲。 前者は
音楽の楽しさを見事に具現化し、後者はブルースの神髄が詰まった名曲にして名演。
二曲ともベストトラックです。


Barney Wilen Quintet
 Barney Wilen Quintet

よろしければクリックを

'Round Midnight / Claude Williamson

Claude Williamson Round Midnight Bethlehem BCP-69
★★★★
『'Round Midnight』
Bethlehem BCP 69 → Polydor MP 2369
1956年12月 録音
Claude Williamson(p) Red Mitchell(b) Mel Lewis(ds)

Side-1
1. Stella By Starlight
2. Somebody Loves Me
3. I'll Know
4. The Surrey With The Fringe On Top
5. Polka Dots And Moonbeams
6. Hippy
Side-2
1. Tea For Two
2. Stompin' At The Savoy
3. 'Round Midnight
4. Just One Of Those Things
5. Love Is Here To Stay
6. The Song Is You

わたしがジャズを聴き始めたころ(47年ぐらいまえ)、本作のオリジナル盤が あちこちの
廃盤を扱っているレコード店に在庫があって、めずらしくも なんともなかったのです。
売れる気配もなく置き去りにされていました。 それが ある時期を境に見当たらなくなり
とつぜんスイング・ジャーナル誌のゴールド・ディスクになり、必死になって廃盤を
探しまわったけれど見つからない、後の祭り状態です。

バド・シャンクとの共演盤は聴いていたけれど、トリオの作品は一枚も聴いていません。
あとで知ったことですが、彼は “白いパウエル” と言われていたそう。 たしかに本作の
「Tea For Two」 を聴くと、そのスピード感に唖然とさせられます。 どの曲だったか
唸り声を発している曲もあります。

アルバム全体としては、スタンダードの名曲を(シルバーの「Hippy」以外)ずらりと
並べ、ピアノトリオを聴く醍醐味を味わわせてくれるのですが、巷間いうところの名盤
とは、わたしには思えません。 なんだろう、アレンジの好みなのか、う~ん。
ちょっとインパクトがある きつめの BGM として聴き流すようにして楽しんでいます。


'Round Midnight / Claude Williamson

よろしければクリックを

ときどき聴きたくなる魅力盤

Richard Williams New Horn In Town Candid CJS 9003
★★★★
『New Horn In Town』
Candid CJS-9003 → Victor SMJ-6181
1960年9月27日 録音
Richard Williams(tp) Leo Wright(as,fl/except 2-2)
Richard Wyands(p) Reginald Workman(b) Bobby Thomas(ds)


Side-1
1. I Can Dream, Can't I ?
2.
I Remember Clifford
3. Ferris Wheel
4.
Raucous Notes
Side-2
1. Blues In A Quandary
2.
Over The Rainbow
3. Renita's Bounce

本作が唯一のリーダー作で有名?なリチャード・ウィリアムスのキャンディッド快作盤。
レコーディングは29歳のとき。 しかし腎臓がんを患い、25年後に54歳という若さで
世を去っています。
やはり何度聴いても彼には “節” がありません。 天才のクリフォード・ブラウンや
鬼才のリー・モーガン、わたしが好きなブルー・ミッチェルらには独自の “節” が
あって、それを聴く愉しみがジャズの醍醐味なのです。

しかし、その意に反して本作は、たまに とても聴きたくなる不思議な一枚なのです。
それはキャンディッドというレーベルに由来しているからかもしれません。
1977年に国内盤が出たときは、躍り上がってレコード店に駆けつけたものです。

ベストトラックは 「I Remember Clifford」 でしょう。 曲の魅力をウィリアムスは
真っ正直に引き出してプレイしています。 レオ・ライトのフルートもすばらしい、
というかレオ・ライトのアルトは あまりよくありません。
あとウィリアムス作の 「Raucous Notes」 がスピード感が心地よく、こちらが
ベストトラックと いってもいいかもしれない出来になっています。


New Horn In Town / Richard Williams
New Horn In Town / Richard Williams

↓よろしければクリックを↓

ジャック・ウィルソンの不思議な魅力

Jack Wilson Easterly Winds Blue Note BST 84270
★★★★☆
『Easterly Winds』
Blue Note BST 84270 → Toshiba-EMI BNJ-71038
1967年9月22日 録音
Lee Morgan(tp/except 1-3) Garnett Brown(tb/except 1-3)
Jackie McLean(as/except 1-3)
Jack Wilson(p) Bob Cranshaw(b) Billy Higgins(ds)


Side-1
1.
Do It
2. On Children
3. A Time For Love
Side-2
1.
Easterly Winds
2. Nirvanna
3. Frank's Tune

なかなか聴くチャンスに恵まれないアルバムだと思いますが、これが けっこういいんです。
ジャック・ウィルソンは なんというか、変わった表現ですが (まるでちがうタイプなのに)
ソニー・クラークにもハービー・ハンコックにも似た部分が あると感じるのです。
オープニング、ロック調の曲 「Do It」 で聴き手は心を つかまれてしまいます。
一転してピアノトリオの 「A Time For Love」 は、抒情味が見事に表現されているのです。
ベストトラックはタイトル曲 「Easterly Winds」。 活気に満ちたアンサンブルで始まり、
溌剌としたソロを展開していく。 この曲は なかなか聴きごたえが あります。 すばらしい。
つづく 「Nirvanna」 のアンサンブルは、なんとも気持ちが癒されるというか、不思議です。
アンサンブルに はさまれたウィルソンのソロは清流のせせらぎのようなイメージで愛らしい。
いままで聴きそびれていた本作、掘り出し物という感覚で お薦めの一枚です。


Easterly Winds(MP3) / Jack Wilson
Jack Wilson Easterly Winds Blue Note BST 84270

↓よろしければクリックを↓