FC2ブログ

Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Introducing Johnny Griffin Blue Note1533

Johnny Griffin Introducing Johnny Griffin Blue Note BLP 1533
★★★★☆
『Introducing Johnny Griffin』
Blue Note BLP 1533 → King GXK-8015M
1956年4月17日 録音
Johnny Griffin(ts) Wynton Kelly(p)
Curly Russell(b) Max Roach(ds)


Side-1
1. Mil Dew
2. Chicago Calling
3. These Foolish Things
4. The Boy Next Door
Side-2
1. Nice And Easy
2. It's Alright With Me
3. Lover Man

※当日録音された他の曲。 Toshiba EMI BNJ-61008/10に収録。
8. Cherokee
9. The Way You Look Tonight

最近めったに聴かなくなったブルー・ノートの1500番台。 やはり疲れるからかなぁ。
もう70ちかくなるとハードなジャズは聴き疲れするのかもしれません。
でも本作を久しぶりに聴いてみるとトップのグリフィン作 「Mil Dew」 のスピードに
わくわくするのです。 たまにだからでしょうね。 あとは甘い 「These Foolish Things」を
よそに 「The Boy Next Door」 がよかったです。 全体的にウィントン・ケリーはあまり
気を入れてなかったのかな。



よろしければクリックを

スポンサーサイト

The Fabulous Fats Navarro Volume 1 & 2 Blue Note 1531 1532

ファッツ・ナヴァロ(Theodore “Fats” Navarro・亥年)が1923年9月24日に
生まれています。 悪癖のヘロイン中毒もひどく、さらに肺結核も患い1950年7月7日に
26歳という若さで亡くなりました。
やはりナヴァロはブルーノートの この音源を聴かなければ始まりませんね。
わたしが好きな曲は Vol.1 からアーニー・ヘンリーも好演の 「Our Delight」、
王道の 「Bouncing With Bud」、テーマが変拍子で小気味よく超高速のバドが最高の
「Wail」、Vol.2 からはテーマメロディが優雅な 「Lady Bird」、「Dance Of The Infidels」
はバドの文字どおり躍るがごとくソロがすばらしいし、つづくナヴァロのプレイもいい。
この歴史的に重要な財産であるアルバムが amazon や HMV で入手できないとは
なんたることなのか。 レコード製作業界は異常だと思います。
※2017年11月現在、かろうじて(在庫僅少)両社で2作が そろう状態です。


Fats Navarro The Fabulous Fats Navarro Volume 1 Blue Note BLP 1531
『The Fabulous Fats Navarro Volume 1』
Blue Note BLP 1531 → King GXK-8060M
(1/1~6, 2/4~5) 1947年9月26日 録音
Fats Navaro(tp) Ernie Henry(as) Charlie Rouse(ts)
Tadd Dameron(p) Nelson Boyd(b) Shadow Wilson(ds)

(2/1~2) 1949年8月9日 録音
Fats Navaro(tp) Sonny Rollins(ts)
Bud Powell(p) Tommy Potter(b) Roy Haynes(ds)

(2/3) 1948年10月11日 録音
Fats Navaro(tp) Howard McGhee(tp, p) Ernie Henry(as)
Milt Jackson(vib, p) Curly Russell(b) Kenny Clarke(ds)


Side-1
1. Our Delight(alternate master)
2. Our Delight
3. The Squirrel(alternate master)
4. The Squirrel
5. The Chase(alternate master)
6. The Chase
Side-2
1. Wail(alternate master)
2. Bouncing With Bud(alternate master)
3. Double Talk
4. Dameronia(alternate master)
5. Dameronia



Fats Navarro The Fabulous Fats Navarro Volume 2 Blue Note BLP 1532
『The Fabulous Fats Navarro Volume 2』
Blue Note BLP 1532 → King GXK-8061M
(1/1~6) 1948年9月13日 録音
Fats Navaro(tp) Wardell Gray(ts) Allen Eager(ts)
Tadd Dameron(p) Curly Russell(b) Kenny Clarke(ds)
Chano Pozo(bongo)

(2/1, 4, 5) 1948年10月11日 録音
Fats Navaro(tp) Howard McGhee(tp, p) Ernie Henry(as)
Milt Jackson(vib, p) Curly Russell(b) Kenny Clarke(ds)

(2/2~3) 1949年8月9日 録音
Fats Navaro(tp) Sonny Rollins(ts)
Bud Powell(p) Tommy Potter(b) Roy Haynes(ds)


Side-1
1. Lady Bird(alternate master)
2. Lady Bird
3. Jahbero(alternate master)
4. Jahbero
5. Symphonette(alternate master)
6. Symphonette
Side-2
1. Double Talk(alternate master)
2. Bouncing With Bud(alternate master)
3. Dance Of The Infidels(alternate master)
4. The Skunk(alternate master)
5. Boperation

ベースになった 3枚の10インチアルバム。

Bud Powell The Amazing Blue Note BLP 5003 Fats Navarro Memorial Album Blue Note BLP 5004 Howard McGhee All Stars Blue Note BLP 5012

※以上 2011年9月24日の記述でした。



The Fabulous Fats Navarro Volume 2

よろしければクリックを

Jutta Hipp With Zoot Sims Blue Note1530

Jutta Hipp With Zoot Sims Blue Note BLP 1530
★★★★☆
『Jutta Hipp With Zoot Sims』
Blue Note BLP 1530 → King GXK-8213M
1956年7月28日 録音
Jerry Lloyd(tp) Zoot Sims(ts)
Jutta Hipp(p) Ahmed Abdul-Malik(b) Ed Thigpen(ds)


Side-1
1. Just Blues
2. Violets For Your Furs
3. Down Home
Side-2
1. Almost Like Being In Love
2. Wee-Dot
3. Too Close For Comfort

※当日録音された他の曲。
6. These Foolish Things
7. 'S Wonderful

ブルーノート、いやレコーディング自体希少なユタ・ヒップの人気盤。
とはいえ やはりズートが参加しているからこその人気盤でしょう。
ズートはオープニングから快調に飛ばしていきます。 そしてトランペットの
ジェリー・ロイドに渡しますが、このときのロイドの音、情けないです。
格の違いが はっきりと出ています。 「Almost Like Being In Love」 の
ズートのバックで つけるロイドのオブリガートも貧相で悲しい。
肝心のユタに関していえば 『At The Hickory House』 の ほうが迫力が
あって、彼女を聴くなら そちらを聴くべきでしょう。
したがって このアルバムはズートの快演を聴くために あるのですね。
わたしが思うベストトラックは名曲 「Violets For Your Furs」、リーダーの
ユタも極上のソロを聴かせてくれます。 名演だと思います。
このアルバム、ズートのプレイには星五つ謹呈です。

※以上 2012年1月26日の記述でした。


Jutta Hipp With Zoot Sims
Jutta Hipp With Zoot Sims

よろしければクリックを

The Incredible Jimmy Smith At Club “Baby Grand” Wilmington, Del. Blue Note 1528 & 1529

The Incredible Jimmy Smith At Club “Baby Grand” Wilmington, Delaware Blue Note BLP 1528
☆☆☆☆☆(未聴)
『The Incredible Jimmy Smith At Club “Baby Grand” Wilmington, Delaware』
Blue Note BLP 1528 → Toshiba EMI TOCJ-9152

Side-1
1. Sweet Georgia Brown
2. Where Or When
Side-2
1. The Preacher
2. Rosetta


The Incredible Jimmy Smith At Club “Baby Grand” Wilmington, Delaware Blue Note BLP 1529
☆☆☆☆☆(未聴)
『The Incredible Jimmy Smith At Club “Baby Grand” Wilmington, Delaware』
Blue Note BLP 1529 → Toshiba EMI TOCJ-9153

Side-1
1. Caravan
2. Love Is A Many Splendored Thing
Side-2
1. Get Happy
2. It's Allright With Me

※当日演奏された他の曲で未発表のまま?
09. Blues
10. Indiana
11. My Old Flame
12. This Can't Be Love
13. I'll Remember April
14. Joy Spring
15. Lady Bird
16. Stella By Starlight
17. Red Sails In The Sunset
18. Blues
19. Someone To Watch Over Me
20. A Night In Tunisia
21. The Nearness Of You
22. Mitch's Movement
23. Jean Elaine


1956年8月4日 Club “Baby Grand”, デラウェア州ウィルミントンにてライブ録音
Jimmy Smith(org) Thornel Schwartz(g) Donald Bailey(ds)

Eight Classic Albums / Jimmy Smith
Eight Classic Albums / Jimmy Smith

よろしければクリックを

The Magnificent Thad Jones Blue Note1527

Thad Jones The Magnificent Blue Note BLP 1527
★★★★
『The Magnificent Thad Jones』
Blue Note BLP 1527 → King GXK-8109M
1956年7月14日 録音
Tad Jones(tp) Billy Mitchell(ts/except 2-1, 6)
Barry Harris(p) Percy Heath(b) Max Roach(ds)


Side-1
1. April In Paris
2. Billie Doo
3. If I Love Again
Side-2
1. If Someone Had Told Me
2. Thedia

当日録音された曲(『The Magnificent Thad Jones Vol.3(1546)』 に収録)
6. I've Got A Crush On You

テナーサックスの ビリー・ミッチェル(Billy Mitchell・寅年)が1926年の
きょう11月3日に生まれています。
ビリー・ミッチェルは このレコードでしか知りません。 たぶん…
ぜんたいに ほんわりというか、のどかなイメージで知られる本作。
たしかに休日の暖かい昼下がり、コーヒーを飲みながらに うってつけ。
「Thedia」 はミッチェルのソロで始まります。 音程にちょっと不安が
あるけれど、意欲的なアドリブで がんばっています。
このアルバム 「April In Paris」 だけではない、ということを認識させてくれる
佳作だと思います。 彼は2001年4月18日に74歳で亡くなっています。

※以上 2011年11月3日の記述でした。


The Magnificent Thad Jones
 The Magnificent Thad Jones

よろしければクリックを