Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Movin' & Groovin' / Horace Parlan Blue Note 4028

Horace Parlan Movin Groovin Blue Note BLP 4028
★★☆
『Movin' & Groovin'』
Blue Note BLP 4028 → King GXK-8123
1960年2月29日 録音
Horace Parlan(p) Sam Jones(b) Al Harewood(ds)

Side-1
1. C Jam Blues
2. On Green Dolphin Street
3. Up In Cynthis's Room
4. Lady Bird
Side-2
1. Bag's Groove
2. Stella By Starlight
3. There Is No Greater Love
4. It Could Happen To You

拙ブログ、ホレス・パーランの項で 『Us Three』 を ぼろくそに こきおろしました。
きょう取りあげる 『Movin' & Groovin'』 もやはり同じ結果となってしまいました。
オープニング曲、かの有名な 「C Jam Blues」。 2分25秒あたりでアイデアが枯渇し、
2分50秒過ぎから得意?の くりかえしが始まり、3分ちょっと過ぎから何回か音が
つっかえて止まる。 はじめて聴いたとき針飛びを起こしているのか と思ったほどです。
しかしCDだから それはあり得ません。 4分数秒過ぎに くりかえしから脱却します。
「On Green Dolphin Street」 のエンディングテーマでは妙にテンポアップして、いかにも
演奏を はやく切り上げたい そぶりです。 本人が まったく愉しんでいません。
つづく唯一のオリジナル 「Up In Cynthis's Room」 では心ここにあらず、みたいな曲想。
ダメロン作の 「Lady Bird」 は聴けるレベルまで落ち着いてきた、が まだまだです。
「Bag's Groove」 も3分から45秒間、二種のくりかえしで繋いでいます。 しんどい。
「Stella By Starlight」 ではテーマの56秒と1分9秒で音を はずす始末。 なぜ録り
直さなかったのか不思議です。 ライオンさ~ん! 聴いてました? その後のアドリブも
プロとは思えない部分が多すぎます。
わたしのなかで、なんとか聴くに堪えた演奏は 「It Could Happen To You」 でした。
えらそうなことを延々と述べましたが、これだけ魅力のスタンダードを並べ、聴く気を
起こさせる BN でも こういうことがあるんだ、という見本でした。

パーラン・フリーク以外の方には、お薦めできません。

※以上 2012年6月26日の記述でした。


Seven Classic Albums / Horace Parlan
 Seven Classic Albums / Horace Parlan

よろしければクリックを

スポンサーサイト

The Music From The Connection / Freddie Redd Blue Note 4027

Freddie Redd The Music From The Connection Blue Note BLP 4027
★★★★★
『The Music From The Connection』
Blue Note BLP 4027 → King GXK-8144
1960年2月15日 録音
Jackie McLean(as) Freddie Redd(p)
Michael Mattos(b) Larry Ritchie(ds)


Side-1
1. Who Killed Cock Robin
2. Wigglin'
3. Music Forever
Side-2
1. Time To Smile
2. Theme For Sister Salvation
3. Jim Dunn's Dilemma
4. O.D.(Overdose)

いやぁ、この作品はなんと表現すれば うまく伝わるのか、ちょっと ためらってしまいます。
というのは、麻薬劇につけられた音楽なのに、まったく そのような “裏” や “暗さ” を
感じさせない明るさが あるからです。 明るさとはいえマイナーには違いないのですが…
そしてレッドが書いたオリジナル曲が、すべて違和感なく心の中に沁みこんでくるのです。
レッドの優れた作曲能力には脱帽させられます。
そして 「Theme for Sister Salvation」 でのレッドのピアノソロは なんともいえない独特の
味わいがあります。 タイム感覚というか、微妙なズレが不思議な魅力を醸しだしています。
7曲すべて すてきなのですが、これがベストトラックか。 マクリーンも ほんとうに
すばらしくて、不思議な魅力を持った作品だと言えるでしょう。

※以上 2012年7月15日の記述でした。


The Music From The Connection / Freddie Redd
The Music From The Connection / Freddie Redd

よろしければクリックを

Fuego / Donald Byrd Blue Note 4026

Donald Byrd Fuego Blue Note BLP 4026
★★★★★
『Fuego』
Blue Note BST 4026 → King GXK-8037
1959年10月4日 録音
Donald Byrd(tp) Jackie McLean(as)
Duke Pearson(p) Doug Watkins(b) Lex Humphries(ds)


Side-1
1. Fuego
2. Bup A Loup
3. Funky Mama
Side-2
1. Low Life
2. Lament
3. Amen

B面を何回聴いたことだろう。 ゴスペルタッチ、全曲バードの作曲ですが、まるで
むかしから存在しているかのような 3曲。 オリジナルという次元を超えています。
モダンジャズらしくないから聴かないとか、そんな理屈を ぶち破って聴かなければ
いけない必聴盤の一枚です。

マクリーンもピアソンもいい。 ハンフリーズのタムタムの叩き方に しびれるのです。
今回また じっくり聴いてみたところ、A面の良さも確かめられました。
「Funky Mama」 は すごく切ないブルース。 で、ベストトラックといえる曲が、
「Bup A Loup」 であることを発見。 ルーという人名だけど、意味不明のタイトル。
でも もういちど しっかり聴きましょう。 きっと好きになるでしょう。

※以上 2013年10月1日の記述でした。


Fuego / Donald Byrd
 Fuego / Donald Byrd

よろしければクリックを

The Time Is Right / Lou Donaldson Blue Note 4025

Lou Donaldson The Time Is Right Blue Note BLP 4025
★★★★
『The Time Is Right』
Blue Note BLP 4025 → Toshiba-EMI BNJ-71031
(1-1, 1-2, 1-4, Side-2)1959年10月31日 録音
Blue Mitchell(tp/except 1-2) Lou Donaldson(as)
Horace Parlan(p) Laymon Jackson(b) Dave Bailey(ds)
Ray Barretto(cga)

(1-3)1959年11月28日 録音
Blue Mitchell(tp) Lou Donaldson(as)
Horace Parlan(p) Sam Jones(b) Al Harewood(ds)
Ray Barretto(cga)<


Side-1
1. Lou's Blues
2. Be My Love
3. Idaho
4. The Nearness Of You
Side-2
1. Mack The Knife
2. Crosstown Shuffle
3. Tangerine

いつものことながらホレス・パーランが お気に入りではないので、それに加えて全曲!に
コンガが入っているので、星一つ減(ホンネは一つ半減)です。
リーダー(ちょっと歌い過ぎかも)とブルー・ミッチェルは申し分ないのですが・・・

この盤においてもパーランの演奏を “アーシー” だと書かれている評論家やブロガーが
けっこう いらっしゃるのですが、アイデアの才能に欠けるが故に繰り返されるフレーズが
ほんとうに耳につくのですね。 本作は まだましなほうですが。

なので残念ながら おすすめのベストトラックはありません。
それとは別に一部のデータで 「Idaho」 にコンガのレイ・バレットが参加していないような
記述もありますが、ちゃんとソロも とっています。


8 CLASSIC ALBUMS / Lou Donaldson
8 CLASSIC ALBUMS / Lou Donaldson

よろしければクリックを

Swing, Swang, Swingin' / Jackie McLean Blue Note 4024

Jackie McLean Swing Swang Swingin Blue Note BLP 4024
★★★★☆
『Swing, Swang, Swingin'』
Blue Note BLP 4024 → King GXK-8081
1959年10月20日 録音
Jackie McLean(as) Walter Bishop Jr.(p)
Jimmy Garrison(b) Art Taylor(ds)


Side-1
1. What's New
2. Let's Face The Music And Dance
3. Stable Mates
4. I Remember You
Side-2
1. I Love You
2. I'll Take Romance
3. 116th And Lenox

ほんとうに聴きやすい。 こんなに すんなり入ってくるジャズも珍しいのでは。
ハンク・モブレーの 『Soul Station』 のところでも書いたのですが、同じように これが
マイルス・デイヴィスの 『Dig』 で共演したマクリーンと同一人物なのか疑ってしまう。
まるで引っかかりがない、なさすぎるのです。 楽器が彼の からだの一部としか思えない
ほどスムースなプレイ。 といって ちゃんとマクリーン節は満載なのです。
しかし、やはりワンホーン・ジャズの快演には ちがいありません。
スタンダード曲がすべて良い。 とくに好きなのは 「Let's Face The Music And Dance」、
「I'll Take Romance」 の二曲です。

※以上は 2012年1月28日の記述です。


Swing, Swang, Swingin' / Jackie McLean
 Swing, Swang, Swingin' / Jackie McLean

よろしければクリックを