Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

しっとり聴けるダイナ・ショア

ダイナ・ショア(Dinah Shore・辰年)は 1916年の2月29日に生まれています。
(ジャズ・ボーカル本などで3月1日生まれ、とまちがって記しているものが多い)
テレビで 「The Dinah Shore Show」 という番組をもっていたり、映画にも数本出演
したことがある 多彩なジャズ・ボーカリストでした。
日本では 「ボタンとリボン」 や、雪村いづみ(丑年)が 1954年ごろにカバーで歌った
「ブルー・カナリー(青いカナリヤ)」 でよく知られていますよね。
惜しくも1994年に 77歳で亡くなりました。


Dinah Shore Dina Sings, Previn Plays
『Dinah Sings, Previn Plays』
Capitol T-1422 → Toshiba-EMI ECJ-60045
1959年7月14日~8月9日 録音
Dinah Shore(vo) Andre Previn(p)


Side-1
1. The Man I Love
2. April In Paris
3. That Old Feeling
4. I've Got You Under My Skin
5. Then I'll Be Tired Of You
6. Sleepy Time Gal
Side-2
1. My Melancholy Baby
2. My Funny Valentine
3. It Had To Be You
4. I'll Be Seeing You
5. If I Had You

サブタイトルに “Songs in a mid-night mood” とあるように、プレヴィンのピアノを
バックに歌う曲はすべてスタンダードでスローテンポ、ナイトキャップを愉しみながら
聴くのにうってつけのCDです。


Dinah Sings, Previn Plays
Dinah Sings, Previn Plays

↓よろしければクリックを↓

スポンサーサイト