Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

太っちょヘイズの名盤

タビー・ヘイズ(Edward Brian “Tubby” Hayes・亥年)が1935年の
きょう1月30日に生まれています。
イギリスでも数少ない実力派のジャズプレイヤーでマルチ奏者です。
ほとんどのサックスと、ヴァイブも演奏するのが彼の魅力です。
ここで紹介する 『Down In The Village』 ではヴァイブが聴けます。
残念なことに心臓病を患い 1973年6月8日に38歳の若さで亡くなります。


Tubby Hayes Down In The Village Fontana 680 998 TL
★★★★☆
『Down In The Village』
Fontana 680 998 TL → Universal UCJU-9045
1962年5月17日、18日 ロニー・スコッツ・クラブにてライブ録音
Tubby Hayes(ts, ss, vib) Jimmy Deuchar(tp)
Gordon Beck(p) Freddy Logan(b) Allan Ganley(ds)


Side-1
1. Johnny One Note
2. But Beautiful
3. The Most Beautiful Girl In The World
Side-2
1.
Down In The Village
2. In The Night
3. First Eleven~Quintet Theme

ベストトラックは 「Down In The Village」。 ミュートトランペットと
タビーのヴァイブがテーマを演奏するだけで、これはいい曲だ、と
わかります。 そしてトランペットのデューカーが とてもいい。
おもしろいリズム感覚でソロをとっています。 不思議な魅力があります。
「In The Night」 のタビーのソプラノサックスも すてきです。
そんな本盤は 『Mexican Green』 より好きなアルバムです。
彼はコルトレーンのように革新に走らず、マイルスのようにエレキにも
手を染めず、活躍の場を失って悶々と死んでいったのです。


Down In The Village / Tubby Hayes
Down In The Village / Tubby Hayes






↓よろしければクリックを↓

スポンサーサイト