Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

なぜか手放していないハルの作品

Hal Schaefer The Extraordinary Jazz Pianist Discoverly DS-781
★★★☆
『The Extraordinary Jazz Pianist』
Discovery DS-781
1976年3月18日 Donte's にてライブ録音
Hal Schaefer(p)
Fred Atwood(b/except 1-2) Alvin Stoller(ds/except 1-2)


Side-1
1. You Are Too Beautiful
2. Yesterdays
3. You Stepped Out Of A Dream
Side-2
1. I'll Take Romance
2. I Can't Get Started
3. Tangerine

昨年(2012年)の12月8日に87歳で亡くなったハル・シェイファーの50歳のライブ。
彼はマリリン・モンローのボーカルコーチをしていて、You Tube に映像が残っています。
わたしが なぜこのLPを持っているのか、不思議というか記憶から抜けているのです。
1970年代半ばという時期は、こういうニュアンスの明るくて軽いノリのピアノトリオが
流行ったのでしょうか。 最盛期から20年ぐらいのブランクを経てカムバックする、
というのも流行りだったのでしょう。
ところが残念なことに、そのへんどまりで、深く聴きいることなく聴き流してしまう。
そういったレベルです。 ヤフオクでも複数出品されていますが、落札の気配はありません。
でも なぜか手放していないということは、それなりの愛着が あるのかもしれません。
わたしのお気に入りの曲 「Yesterdays」 や 「Tangerine」 が聴きものだと思います。


↓よろしければクリックを↓

スポンサーサイト