Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

魅力いっぱいの非売品

Tina Brooks Back To The Tracks Blue Note BST 84052
★★★★☆
『Back To The Tracks』
Toshiba-EMI BRP 8033 ← Blue Note BST 84052
(1-2)1960年9月1日 (others)1960年10月20日 録音
Blue Mitchell(tp) Jackie McLean(as/1-2) Tina Brooks(ts)
Kenny Drew(p) Paul Chambers(b) Art Taylor(ds)


Side-1
1. Back To The Tracks
2.
Street Singer
Side-2
1. The Blues And I
2. For Heavens Sake
3.
The Ruby And The Pearl

LP レコードを何枚か買えば特典として手に入れることができる非売品がオリジナル。
番号もジャケット・デザインも できていたのに本国アメリカではオリジナルでは未発売。
思いっきり入手欲が湧くことになったのですね。
10月20日の 4曲ではアルバムにならないので 9月録音の 「Jackie’s Bag」 から漏れた
「Street Singer 」を入れてはみたもののマクリーンが一曲だけでは商品としての価値は
薄い、と発売間際に判断したのではないでしょうか。
〈10月20日に 「David The King」 という曲(『The Waiting Game』 の同名曲とは別)
もレコーディングしていますが収録しなかったということは出来が悪かった?〉

しかし、ブルックスの作曲能力も反映して全篇すてきな仕上がりになってはいるのです。
「Back To The Tracks」「The Blues And I」 も そこそこいいのですが、なんといっても
「Street Singer」 が際立ってすばらしく、ベストトラックの風格を持っています。
共演者もみんな良くて、ケニー・ドリューのソロが とくに光っています。


Back To The Tracks / Tina Brooks
Back To The Tracks / Tina Brooks

↓よろしければクリックを↓

スポンサーサイト