Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

6桁半ばで落札される!

Walter Bishop Jr. Speak Low Jazztime JT-002
★★★★
『Speak Low』
Jazztime JT-002 → Trio PA-3077M → Muzak MZCB-1179
1961年3月14日 録音
Walter Bishop Jr.(p) Jimmy Garrison(b) G.T.Hogan(ds)

Side-1
1. Sometimes I'm Happy
2. Blues In The Closet
3. Green Dolphin Street
Side-2
1.
Alone Together
2. Milestones
3. Speak Low

本作のオリジナル盤が最近ヤフオクで 145,300円という驚異の高額で落札されました。
ほんとうにビックリです。 ヤフオクを見ていますと、二、三千円で出品しているジャズの
国内盤は、ほとんどといっていいほど入札がないまま終了しているようです。
それにひきかえオリジナル盤は低額で出品されたものは結果的に高額で落札される。
本作は1,500円が開始価格でした。 同時期にドド・マーマローサの 『Dodo's Back』 の
プロモ盤(ホワイトラベル、モノラル)が開始価格 1,000円で始まり、133,000円で
落札されました!
後者に関して わたしはオリジナルのステレオ盤を持っていますが、モノ盤に このような
高額を出す気はありません。 ステレオが いい音 出してくれるのですから・・・

さて 『Speak Low』 ですが、B 面が とくにすばらしい演奏です。
ベストトラックは 「Alone Together」 でしょう。 これがあるから Jazztime レーベルの
価値があるといっても過言ではありません。
ただ十数万円も出す気も お金もありませんが いちどでいいからオリジナル盤の音質を
この耳で確かめてみたいとは思います。

※2017年5月1日 追記
2017年4月30日ヤフオクで本作のオリジナル盤、ジャケットはスレがやや目立つのですが
な、な、なんと 257,000円という腰を抜かすほどの超高額で落札されました!!!
世の中には すごい人がいるものですねぇ。


Speak Low / Walter Bishop Jr.
Speak Low / Walter Bishop Jr.

↓よろしければクリックを↓

スポンサーサイト