Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Miles Davis In Person Friday And Saturday Nights At The Blackhawk, Complete

Miles Davis In Person Friday And Saturday Nights At The Blackhawk Complete
★★★★★
『Miles Davis In Person Friday And Saturday Nights
At The Blackhawk, Complete』

Columbia → Mosaic Records MQ6-220 → Sony Music Japan SICP 381~384
(Disc-1, 2)1961年4月21日 (Disc-3, 4)1961年4月22日
Blackhawk, サンフランシスコにてライブ録音
Miles Davis(tp) Hank Mobley(ts)
Wynton Kelly(p) Paul Chambers(b) Jimmy Cobb(ds)


Disc-1
1.
Oleo 6:56(Saturday Night 5:12)
2. No Blues 17:13(Friday Night 9:09)
3. Bye Bye(Theme) 2:51(Friday Night 2:36)
4. If I Were A Bell 12:43*
5. Fran Dance 7:38(Saturday Night 6:06)
6. On Green Dolphin Street 12:12
7. The Theme 0:45*
Disc-2
1. All Of You 15:47(Friday Night 10:30)
2.
Neo 10:18*
3. I Thought About You 5:04*
4. Bye Bye Blackbird 9:46(Friday Night 10:02)
5. Walkin' 14:16(Friday Night 14:20)
6. Love, I've Found You(p solo) 1:55(Friday Night 1:59)
Disc-3
1. If I Were A Bell 12:44(Saturday Night 8:40)
2. So What 12:14(Saturday Night 12:44)
3. No Blues 0:28
4. On Green Dolphin Street 12:04*
5. Walkin' 12:23*
6. 'Round Midnight 7:29
7. Well, You Needn't 8:02(Saturday Night 4:42)
8. The Theme 0:18
Disc-4
1.
Autumn Leaves 11:45*
2. Neo 12:29(Saturday Night 12:51)
3. Two Bass Hit 4:36*
4. Bye Bye(Theme) 3:27*
5. Love, I've Found You(p solo) 1:57*
6. I Thought About You 5:31*
7.
Someday My Prince Will Come 9:38*
8. Softly As In A Morning Sunrise(p trio) 8:41*

* Previously Unissued

コンプリート盤を聴きとおして再確認したことは、このライブは やはり稀代の名演、
ということでした。 マイルスがモブレーを こきおろしていたのは周知の事実ですが、
そのモブレーのプレイに はっとさせられることも しばしば。
1961年といえばマイルスは 『Someday My Prince Will Come』 にモブレーを起用。
本ライブのあとも 『At Carnegie Hall』 まで共演していました。 たった4枚のレコード。
まぁ 3月7日から 5月19日までの、共演者としては相当みじかい期間(74日間)では
ありましたが。

それにしても かわいそうなモブレー、オリジナル盤の 「All Of You」 「If I Were A Bell」
「Well You Needn’t」 「No Blues」 ではソロが すべてカットされているのです。
たしかに 「If I Were A Bell」 のソロでは入りの部分は とてもしょぼいのですが、
演っているうちに腹が立ってきたのでしょう、マイルスは彼自身のソロが終わったあと
楽屋に引っこんでステージにはいない。 なおさらムカついて力が入る。 だから終盤は
吹き飛ばす勢いで熱演しています。

そのぶんウィントン・ケリーの すばらしさは どうだ! マイルスが言うのに “ケリーは
煙草に火をつけるような存在だ” という意味を遺憾なく発揮しています。
ウェス・モンゴメリーとの傑作ライブ 『Smokin’ At The Half Note』 と並ぶケリーの
代表作と言っても過言ではありません。

ですから本作を入手したら、モブレーの復活したソロとケリーのピアノをメインに
聴きなおしてみるのがコンプリート盤の正しい楽しみ方といえるでしょう。


Miles Davis In Person Friday And Saturday Nights
At The Blackhawk, Complete
 Miles Davis In Person Friday And Saturday Nights At The Blackhawk, Complete

よろしければクリックを

スポンサーサイト