Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Côte Blues / Miles Davis

Miles Davis Côte Blues Jazz Music Yesterday JMY 1010-2
★★★★☆
『Côte Blues』
Jazz Music Yesterday JMY 1010-2
(1~3)1963年7月26日 (4, 5)1963年7月28日
The Antibes International Jazz Festival Juan-Les-Pins, フランスにてライブ録音
Miles Davis(tp) George Coleman(ts/except 12)
Herbie Hancock(p) Ron Carter(b) Tony Williams(ds)


01. So What Ⅰ
02. Stella By Starlight
03. Seven Steps To Heaven~Walkin'
04. If I Were A Bell
05. So What Ⅱ

以下は同フェスティバルで演奏された、ほかの曲
(*は 『Miles Davis In Europe』(LP)に収録)
06. All Blues
07. My Funny Valentine
08. Joshua
09. Bye Bye(Theme)
以上 7月26日
10. Autumn Leaves*
11. Milestones*
12. I Thought About You(CD に収録)
13. Joshua*
14. All Of You*
15. Walkin'*
16. Bye Bye Blackbird
17. Bye Bye(Theme)
以上 7月27日

1963年4月からメンバーに加わったテナーのジョージ・コールマンが、わたしは好きです。
『Seven Steps To Heaven』 『Miles Davis In Europe』 『My Funny Valentine Miles Davis
In Concert』 『Four & More』 そしてブートレグの 『Miles Live At Jazz Villa(VGM)』
『Paris 1963(The Golden Age Of Jazz)』 と本作で、彼のプレイが楽しめます。
どちらかというと、『Miles In Berlin』 からのウェイン・ショーターよりもコールマンのほうが
好きなのです。 さらにショーターよりはサム・リバース(たった一作の共演ですが)の
ほうが好きですね。 これって、わたしだけでしょうか?

いずれにせよ、このメンバーのライブは聴いていて血が湧き興奮するのです。 ウェインの
魔術的な雰囲気よりも、素直に心に響いてくるのです。
マイルス37歳、コールマン28歳、ハービー23歳、ロン・カーター26歳、なんとトニー・
ウィリアムス17歳! 熱気あふれるはずの年齢と時代だったのですね。


Côte Blues / Miles Davis(MP3)
Miles Davis Côte Blues Jazz Music Yesterday JMY 1010-2

Seven Steps To Heaven / Miles Davis
 Seven Steps To Heaven / Miles Davis

Miles Davis In Europe
 Miles Davis In Europe

My Funny Valentine Miles Davis
In Concert
 My Funny Valentine Miles Davis<br />In Concert

Four & More / Miles Davis
 Four & More / Miles Davis

よろしければクリックを

スポンサーサイト