Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Letter To Evan / Bill Evans

Bill Evans Letter To Evan
★★★★
『Letter To Evan』
Dreyfus Jazz 191 064-2 → FDM 36554-2
1980年7月21日 Ronnie Scott's Club, ロンドンにてライブ録音
Bill Evans(p) Marc Johnson(b) Joe LaBarbera(ds/except 7)


1. Emily
2. Days Of Wine And Roses
3. Knit For Mary
4. Like Someone In Love
5. Your Story
6. Stella By Starlight
7. My Man's Gone Now
8. Letter To Evan

ちなみにジャケット上部の写真は、愛息エヴァン。 現在は映画音楽の作曲家で 41歳です。
ただ、父親ビルの遺産を食い潰しているという噂があります。

いきなり演奏内容に関係のない話から入ってしまいました。
本作はロンドンにあるロニー・スコッツ・クラブで行われた二週間の公演のうち二日間で
録音された はじめの音源で、死の56日前のものです。
多くの曲は末期の特徴である、ものすごいドライブ感、どうだ これでもかというぐらいの
猛スピード! 「Days Of Wine And Roses」 など情緒の かけらもありません。 エヴァンス・
フリークしか手を出せない作品だと思います。 ジョー・ラバーベラが叩くドラミングが
ほんとうに けたたましい。
なので、静かな 「Your Story」 などは気が抜けたような演奏に聞こえてしまうのです。

その点、ドラムス抜きの 「My Man’s Gone Now」 はエヴァンスの幽玄で底知れない
美の世界に連れていかれそうになります。 途中のマークのベースソロ、ラファロだったら
どう弾いただろうかと想像してしまいました。 これがベストトラックです。
「Knit For Mary」 もベストトラックに近いかも・・・

「Letter To Evan」 と 「Turn Out The Stars」 の二枚をカップリングしたコンプリートCD

Complete Live At Ronnie Scott's 1980 / Bill Evans
 Complete Live At Ronnie Scott's 1980 / Bill Evans

よろしければクリックを

スポンサーサイト