Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Recorded Live At Jimmy's / Michel Legrand

Michel Legrand Recorded Live At Jimmys RCA Victor BGL1-0850
★★★★
『Recorded Live At Jimmy's』
RCA Victor BGL1-0850
1973年12月8日 Jimmy's, ニューヨークにてライブ録音
Phil Woods(as/except 2-1, 2-3, 2-4, cl/2-2) George Davis(g)
Michel Legrand(p, arr, cond, el-p/1-3, 2-2, org/2-3, vo/1-2, 2-2)
Ron Carter(b) Grady Tate(ds)


Side-1
1. Watch What Happens
2. Blue, Green, Grey And Gone
3. You Must Believe In Spring
Side-2
1. Brian's Song
2. Orson's Theme
3. Organ Eyes
4. I Will Wait For You

「Brian's Song」 は、わたしたち団塊の世代にとっては なつかしい映画の主題曲。
「Orson's Theme」 は、オーソン・ウェルズが監督した映画 『フェイク』 の主題曲。
「Watch What Happens」 と 「I Will Wait For You」 は映画 『シェルブールの雨傘』 の
曲で、後者は主題歌なので記憶にある方も多いのではないでしょうか。

ミシェル・ルグランの流麗なピアノもいいですが、「You Must Believe In Spring」 での
フィル・ウッズが すばらしい。 ライブ特有の荒っぽさには賛否が あるところでしょうが
さすがベテランならではの渋い味が出ています。
そしてまったく知らなかったギターのジョージ・デイヴィス、随所で なかなかいいプレイを
披露しています。 彼って ほかにどんなレコードがあるのでしょう。

全曲を自作で通したルグラン、おなじみの曲 「I Will Wait For You」 は曲が進むにつれ
どんどん盛り上がっていき、エンディングは唐突に終わって、メンバー大笑い。

ウッズは2015年9月29日に肺気腫の合併症で83歳で亡くなりましたが、ルグランは
現在(2017年2月25日)84歳でご健在。 まだまだ活躍を期待したいものです。



よろしければクリックを

スポンサーサイト