Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Swing Journal Jazz Workshop 1 Terumasa Hino Concert / Terumasa Hino

Terumasa Hino Swing Journal Jazz Workshop 1 takt XMS-10016-CT
★★★☆
『Swing Journal Jazz Workshop 1 Terumasa Hino Concert』
takt Jazz XMS-10016-CT
1968年11月22日 銀座ヤマハホールにてライブ録音
(1-1)Terumasa Hino(tp) Takeru Muraoka(ts)
Hiromasa Suzuki(p) Kunimitsu Inaba(b) Motohiko Hino(ds)
(1-2, Side-2)Terumasa Hino(tp) Takeru Muraoka(ts)
Hiromasa Suzuki(p) Kunimitsu Inaba(b) Motohiko Hino(ds)
Koji Hatori, Tetsuo Fushimi(tp) Hiroshi Suzuki, Yasushi Ichiura(tb)
Shigeo Suzuki(as) Shunzou Sunahara(brs) Kiyoshi Sugimoto(g)


Side-1
1. The Shadow Of Your Smile
2. Night Dreamer
Side-2
1. Slobber

先日(2017年4月8日)大阪はシンフォニー・ホールにて日本のクラリネット・ジャズ界の
大御所である北村英治さんのバースデー・コンサートを聴きに行ってきました。
当日は北村さんの88歳の誕生日で、いわゆる米寿(実際は数え年で祝うのが通例)という
記念すべきコンサートでした。 ちなみにお釈迦様の誕生日でもあります。 灌仏会といって
俗にいう “花まつり” の日なのです。
そんなことはさておき88歳とはとても思えない元気さで見事な演奏っぷりに感心しました。
ゲストで出演された後輩の谷口英治さん(cl)も むちゃくちゃ お上手で、すばらしかった。

で、本題の日野皓正氏もゲストで出られたのですが、これがいけなかった。 74歳になられた
ヒノテルさんなのですが、1960年代の魅力はなく、メロディも崩しすぎてハイノートを連発。
なぜ北村さんが共演者に呼ばれたのか(旧いつきあいだからとか)理解に苦しみました。

ヒノテルさんが白木秀雄クインテットで頭角を現した1960年代半ばから1960年代末までの
数年間を知る者にとって、70年代初頭、CANYON レーベルに移ってからの 『Peace & Love』
や 『A Part』 は、ヒノテルさんも ついにこんな路線を歩み始めたか、と思ったものです。
本作は takt Jazz 100000番シリーズの16作目に当たり、ヒノテルさんの三作目。
彼が録音に参加したのは下記の作品で、名作ぞろいです。(他にもう一作あります)

XMS-10001 『Feelin' Good』
XMS-10011 『Hino=Kikuchi Quintet』
XMS-10016 本作
XMS-10018 『Swing Journal Jazz Workshop 2 Sadao Watanabe Dedicated
      To CharlieParker』 *渡辺貞夫氏名義
XMS-10020 『Hi-Nology』
XMS-10023 『Alone, Alone And Alone』(JAZZ-13)
XMS-10025 『Into The Heaven』
XMS-10027 『Alone Together』

こういった作品群のなかで、本作はジャズ・ワークショップとしてのライブ音源。
ちょっと質が落ちる演奏となっていて、名録音家といわれる菅野沖彦氏の録音が冴えない。
悪いことばっかり書いてしまいましたが、「The Shadow Of Your Smile」 はそれなりに
聴きごたえがあるバラードの名曲なので、じっくり楽しんでください。

日野皓正Swing Journal Jazz Workshop 2

ジャケット裏の写真、マウスピース Jet Tone 6B を装着した かっこいいヒノテルさん。



よろしければクリックを

スポンサーサイト