Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Zoot At Ease / Zoot Sims

Zoot Sims Zoot At Ease Famous Door HL 2000
★★★★★
『Zoot At Ease』
Famous Door HL 2000 → Toshiba-EMI Stateside IHJ-80082
(1-1, 1-3, 2-1, 2-3)1973年5月30日 録音
Zoot Sims(ts/2-1,2-3 ss/1-1, 1-3)
Hank Jones(p) Milt Hinton(b) Louis Bellson(ds)

(1-2, 1-4, 2-2, 2-4)1973年8月9日 録音
Zoot Sims(ts/1-2, 1-4, 2-4 ss/2-2)
Hank Jones(p) Milt Hinton(b) Grady Tate(ds)


Side-1
1. Softly, As In A Morning Sunrise
2. In The Middle Of A Kiss
3. Rosemarty's Baby
4. Beach In The A.M.
Side-2
1. Do Nothing Till You Hear From Me
2. Alabamy Home
3. Cocktails For Two
4. My Funny Valentine

先月23日がズートの33 回忌でした。 亡くなって、もうそんなに年数が経ったのですね。
このアルバムはテナーとソプラノを吹き分ける、ズートの傑作の一枚といえるでしょう。
オープニングの名曲 「Softly, As In A Morning Sunrise」 から快調に飛ばしています。

わたしとしては、ソプラノの曲にとても魅力を感じます。 「Rosemary's Baby」 を聴いて
みてください。 こんなにアップテンポでもアドリブは泉のごとく溢れだしてくるのです。
途切れることのない感性の豊かさと、裏打ちされた強靭な音楽的テクニックが見事です。
とにかく騙されたと思ってソプラノ曲から聴いて楽しんでください。

彼にはもっと長生きしてほしかった。 死因は癌ということだけしかわからず、59歳という
ほんとうに いまでは考えられない年齢で、天に召されてしまいました。 合掌!



よろしければクリックを

スポンサーサイト