Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Taylor's Wailers / Arthur Taylor

Art Taylor Taylors Wailers Prestige PRLP 7117
★★★★
『Taylor's Wailers』
Prestige PRLP 7117 → OJC-094(Original Jazz Classics)
(1-1, 1-3, Side-2)1957年2月25日 録音
Donald Byrd(tp) Jackie McLean(as) Charlie Rouse(ts)
Ray Bryant(p) Wendell Marshall(b) Arthur Taylor(ds)

(1-2)1957年3月22日 録音
John Coltrane(ts) Red Garland(p)
Paul Chambers(b) Arthur Taylor(ds)


Side-1
1. Batland
2. C.T.A.
3. Exhibit A
Side-2
1. Cubano Chant
2. Off Minor
3. Well You Needn't

アート・テイラー(1929年4月6日~1995年2月6日)の数少ないリーダー作にして熱烈な
ファンがオリジナル盤を探し求めている、隠れ作品。 といってもとんでもない高額には
ならないのですが・・・彼は22年前に65歳という若さで死因不明で亡くなっています。

本作はプレスティッジお得意のジャムセッション的作品でジャズ喫茶店の店長は おおいに
気にいったのでは ないでしょうか。
わたしはメンバーのなかではチャーリー・ラウズのプレイが気にいっています。 モンクと
12年近くもカルテットを組んでいた名プレイヤーです。 彼も64歳、で夭折しています。

演奏曲ですが 「Batland」 と 「Exhibit A」 はLee Sears作となっていますが、これはジジ・
グライスのこと。 「Batland」 でピアノのレイ・ブライアントが自作の 「 Little Susie」 の
テーマを引用しています。
グライスの曲が二曲、ブライアントの有名な曲 「Cubano Chant」、モンクの曲が二曲、
録音日とメンバー(トレーンのカルテット)が異なるジミー・ヒースの曲が一曲、と
本作はバラバラなイメージが大きいのでヒット作とはならず冒頭で述べたようにアートの
熱烈なファンのための作品となったのです。



よろしければクリックを

スポンサーサイト