Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Creation / Keith Jarrett

Kieth Jarrett Creation ECM 2450
★★★★☆
『Creation』
ECM 2450
(9)2014年4月30日 オーチャードホール, 東京にてライブ録音
(6)2014年5月6日 オーチャードホール, 東京にてライブ録音
(2, 5)2014年5月9日 紀尾井ホール, 東京にてライブ録音
(1)2014年6月25日 Roy Thomson Hall, トロントにてライブ録音
(3)2014年7月4日 Salle Pleyel, パリにてライブ録音
(4, 7, 8)2014年7月11日 Auditorium Parco della Musica, ローマにてライブ録音
Keith Jarrett(p)

1. Part Ⅰ
2. Part Ⅱ
3. Part Ⅲ
4. Part Ⅳ
5. Part Ⅴ
6. Part Ⅵ
7. Part Ⅶ
8. Part Ⅷ
9. Part Ⅸ

雅子妃殿下も熱烈なキースのファンであられ、1996年のオーチャードホールのライブには
足を運ばれたとか。 いまやキースは神の領域に入ったかのようなミュージシャンのひとり。
リリースするCDはすべて話題作になり、世界各国で注目を集めています。
本作のローマでの公演時で彼は69歳。 やはり演奏には年齢を重ねた悟りのようなものが
表現されています。

わたしは彼のいちばんの魅力はジャズトリオのプレイだと確信している人間なのです。
いまのところ(2017年8月現在)8年間もトリオ盤が録音されていません。
72歳になられたいま、トリオ、それもモダンジャズを録音してもらいたいものです。

本作のなかでは 「Part Ⅴ」 と 「Part Ⅵ」 が好きでくりかえし聴いています。



よろしければクリックを

スポンサーサイト