FC2ブログ

Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

True Blue / Tina Brooks Blue Note 4041

Tina Brooks True Blue Blue Note BST-84041
★★★★★
『True Blue』
Blue Note BST 84081 → King GXK-8202
1960年6月25日 録音
Freddie Hubbard(tp) Tina Brooks(ts)
Duke Jordan(p) Sam Jones(b) Art Taylor(ds)


Side-1
1. Good Old Soul
2. Up Tight's Creek
3. Theme For Doris
Side-2
1. True Blue
2. Miss Hazel
3. Nothing Ever Changes My Love For You

ことし8月、本作のオリジナルのモノ盤がヤフオクで 402,000円!で落札されました。
こんな金額で入札するなんて、どれだけ度胸が いることか。
それほど本作のオリジナルモノラル盤の音を聴いてみたいという欲求が強いのでしょう。
本物の証し、47 WEST 63rd・NYC、DG、RVG刻印、耳マーク(プラスティライト)。

閑話休題、
本作はティナ・ブルックスが生きているあいだに発売された、彼の唯一のリーダー作です。
しかもブルージーなハードバップの傑作でもあります。
まずオープニングの 「Good Old Soul」 を夜の首都高速でクルマを走らせながら聴いて
みてください。 もうシビれることうけあいです。 クルマの中ではステレオが最適だと
思います。 というかモノラルのCDは発売されていないので、ステレオでしか聴けません。
二曲目の 「Up Tight's Creek」 は ちょっと違和感があるので飛ばします。
ベストトラックは、なんといってもタイトル曲の 「True Blue」 でキマリです。
圧倒的な迫力。 変拍子のノリの良さ。 ティナの作曲の才能が発揮された傑作だといえます。

ふつうはステレオでしか聴くことができませんが、前述のようにオークションでモノラル盤を
手に入れて!聴くチャンスがあれば、人生の最高の幸いとなるでしょう。 その対価は!!!
402,000円は するのです。



↓よろしければクリックを↓

スポンサーサイト