Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Epic の佳作ジャケット

Epic Label
Epic ってあまり知らないのですが、おもしろくて目を引くジャケットがあります。
いままでにとりあげたものは 『The Nature Of Things』 『Warm Woods』 『Getting’
Into Somethin’』 『One Foot In The Gutter』 『Two Feet In The Gutter』があります。
いずれもデザインが優れていてユニークなジャケットだと思います。
今回は、下記のようなベスト5 をご紹介します。 よろしく おつきあいください。


Dave Pike Pikes Peak Epic LA 16025
① 『Pike's Peak / Dave Pike』 Epic LA 16025
この建物?は何なんでしょう。 タイトルを絵にするために探しまわってこんな不思議な
ものを見つけたのでしょうか? ビル・エヴァンス参加だから所持しています。



Johnny Coles The Warm Sound Epic LA 16015
② 『The Warm Sound / Johnny Coles』 Epic LA 16015
おそらくスタジオでの撮影でしょうが、ウォームな感じがよく表現されています。 演奏も
そのとおり。 ジョニー・コールズは愛すべきトランペッターですが晩年はだめでしたね。



Charie Rouse Yeah! Epic LA 16012
③ 『Yeah! / Charie Rouse』 Epic LA 16012
チャーリー・ラウズを感嘆符に使ったタイポグラフィー・ジャケットの傑作。 でももう
少し白っぽい服装だったらもっと良かったろうに 。でもジャズメンは黒服なのかなぁ。



Curtis Fuller South American Cookin
④ 『South American Cookin' / Curtis Fuller』 Epic LA 16020
よくもまぁこんなにコラージュしたものですねぇ。 このジャケットを見るかぎりジャズ
とは思えないですよね。 エピックのなかでもとくにユニークなものだと思います。



The Magnificent Trombone Of Curtis Fuller Epic BA 17013
⑤『The Magnificent Trombone Of Curtis Fuller』 Epic BA 17013
トロンボーンの長さを活かすため、超横長に写真をトリミング。 色の使い方とグリーンの
スペースが結果オーライになっているレイアウトです。 デザインを楽しんでいるようです。



Ahmad Jamal Pavanne For Ahmad Epic LN 3212
次点 『Pavanne For Ahmad / Ahmad Jamal』 Epic LN 3212
パヴァーヌとは行列舞踏とのこと。 ラヴェルの 「亡き王女のためのパヴァーヌ」 が有名
ですが、この写真はなんとなくいい雰囲気が漂っています 。部屋に飾っておきたいです。


↓よろしければクリックを↓

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/101-dca0ce3c