Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

East Wind の佳作ジャケット

East Wind Label
1975年9月に鯉沼利成氏、伊藤潔氏、伊藤八十八氏らによって設立されたレーベル、
East Wind(イースト・ウインド)。 参加ミュージシャンが充実していることは
もちろんのこと、アルバムデザインにも相当 力が入っていました。
当初のアート・ディレクターは浅葉克巳氏、石岡瑛子氏という商業デザイン界の
大御所に、カメラマンは稲越功一氏、沢渡朔氏、内藤忠行氏、坂田栄一郎氏など
すごい顔ぶれでした。 日本発信の自慢できるジャズ・レーベルができたことに、
多くのファンは注目したものです。 そして約 5年間に 69枚をリリースしました。
こんな肝いりで製作されたレーベルなので、ジャケットも みんなすばらしいのですが、
わたしが思う EW ジャケットのベスト10 をごらんいただきましょう。
ちなみに、わたしは ② ③ ⑤ ⑧ のオリジナル盤を手放してしまいました。


Art Farmer Yesterdays Thoughts East Wind EW-8025
① 『Yesterday's Thoughts / Art Farmer』 EW-8025
イラストは石岡玲子(りょうこ)氏。 この方、石岡瑛子氏の妹さんだと思うのですが…
この時代、こういったスーパーリアルなイラストがはやりましたね。 でも難クセつける
わけではないのですが、コーヒー・カップを正しい位置で見てください。 そうなんです、
ひずんでいるのです。 まぁ、全体的には画期的なジャケット・デザインなので…



The Great Jazz Trio At The Village Vanguard East Wind EW-8053
② 『The Great Jazz Trio At The Village Vanguard』 EW-8053
こういう写真をこういうトリミングでジャケットに使うことなんて日本人には
思いつかないことです。 タイトルを左すみにL型でレイアウトする。
なんというセンスの良さなのでしょう。



The Great Jazz Trio Direct From L.A. East Wind EW-10005
③ 『Direct From L.A. / The Great Jazz Trio』 EW-10005
ロサンゼルスってこんなに気持ちのいい青空になるんですね。 空の青と
スティールの色と、タオル?の白と雲の白。 これだけ計算しつくした写真が
カメラマンから渡されたら、デザイナーは苦労しませんね。



Laurindo Almeida Concierto De Aranjuez East Wind EW-8063
④ 『Concierto De Aranjuez / Laurindo Almeida』 EW-8063
クリスタルの装飾っぽい灰皿に燃えているマッチ。 沢渡朔(はじめ)氏のすばらしい
写真がタイトルにマッチしています。 でもこれってライティングむずかしいでしょう。



The Great Jazz Trio Love For Sale East Wind EW-8046
⑤ 『Love For Sale / The Great Jazz Trio』 EW-8046
アメリカの長距離バスって、それだけで絵になりますよね。 日本のバスではこうは
いきません。 こんなジャケット・デザインって太刀打ちできないですよね。 降参です。



Walter Bishop Jr. Old Folks East Wind EW-8050
⑥ 『Old Folks / Walter Bishop Jr.』 EW-8050
乗り物がつづきます。 イエロー・キャブをここまでアップにするとすばらしい
モチーフになります。 そして雨滴までもがでデザインにひと役買っているのです。
カメラはヒノテルさんのジャケト撮影などで有名な内藤忠行氏です。



Sadao Watanabe With The Great Jazz Trio Im Old Fashioned East Wind EW-8037
⑦ 『I'm Old Fashioned / Sadao Watanabe With The Great Jazz Trio』 EW-8037
いい写真です。 カメラは有名人のポートレイトを撮ることで有名な坂田栄一郎氏。
1980年2月 わたしは東京で坂田氏と いちどだけですが仕事をしたことがあります。
グラフィック・デザイナーOBとしての ひそかな自慢です。



The Great Jazz Trio KJLH East Wind EW-8056
⑧ 『KJLH / The Great Jazz Trio』 EW-8056
外国などは壁にこういうアートを描いて、だまし絵のようにする文化がむかしから
あるのですね。 でもこのジャケットでいうと、まえの車、とくにトラックはないほうが
よかったと思います。



Terumasa Hino Hogiuta East Wind EW-8041
⑨ 『Hogiuta / Terumasa Hino』 EW-8041
寿歌と書いて “ほぎうた”。 和を全面的に強調したジャケットで美しい
モチーフですが、わたしはこういうデザイン、あまり好きではありません。
個性的ではあるのですが…



Masabumi Kikuchi East Wind EW-7001
⑩ 『East Wind / Masabumi Kikuchi』 EW-7001
記念すべきイースト・ウインド第一作。 もう一枚はダラー・ブランドの作品。
印象的ではあるのですが、タイトルを説明しすぎです。 そしてタイポグラフィーも
おざなりです。 大胆ではありますが、繊細さもほしかった。


↓よろしければクリックを↓

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/111-9ec801d9