Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Galaxy の佳作ジャケット

Galaxy Label
1977年に Fantasy(ファンタジー)からリリースしたレーベル、Galaxy(ギャラクシー)。
5100、95000シリーズあわせて56枚を世に送り出しました。 このレーベルの出現は、
われわれジャズ・ファンにはうれしい出来事で、期待も大きかったのです。
でも参加ミュージシャンは、あまり豊富ではなく、リーダーを務めたのはたった16人です。
録音期間は、ほぼ 6年あるのに56枚。 ちょっとなぁ、という感があるのも事実です。
でもジャケット・デザインは いいものが多いので、カタログ・ナンバー順に10枚を
とりあげてみたいと思います。


Red Garland Crossing Galaxy GXY 5106
① 『Crossing / Red Garland』 GXY-5106
わたしはレッド・ガーランドが好きです。 Galaxy 盤がリリースされはじめて
ガーランドの盤は躊躇なく買っていました。 ジャケットのモチーフは
“踏切” の表示板。 このスタイルはアメリカ固有のものと思っていたら、
先日 成瀬巳喜男監督の映画 「めし」 のなかで、この英字の表示板が
出てきました。 日本もむかしはモダンだったのですね。



Hank Jones Tiptoe Tapdance Galaxy GXY 5108
② 『Tiptoe Tapdance / Hank Jones』 GXY-5108
“爪先でタップダンス”。 映像は強烈で印象的なのですが、最初にこのジャケットを
見たとき、手首から上部分がないので こわいイメージを持ったことを記憶しています。



Red Garland Red Alert galaxy GXY 5109
③ 『Red Alert / Red Garland』 GXY-5109
“非常警報”、ステンシルの手法はむかしよく使われたものです。 うまく考えたと
思います。 ほかに用いているのを見たことがありません。 もっと使ってもいいのに。



Tommy Flanagan Something Borrowed, Something Blue Galaxy GXY 5110
④ 『Something Borrowed, Something Blue / Tommy Flanagan』 GXY-5110
カリフォルニアの海岸なのでしょうか、フィルターかもしれませんが、いい色出ています。
まわりの赤のトリミング、ふつうは失敗しやすいのですが、ここは成功。 美しいです。



Stanley Cowell Talkin Bout Love Galaxy GXY 5111
⑤ 『Talkin' 'Bout Love / Stanley Cowell』 GXY-5111
Galaxy のジャケット・デザインの流れでいうと、この写真、路線がまったくちがいます。
女性のトリミングは、ブルー・ノートっぽいです。 不思議な魅力を持ったジャケットです



Tommy Flanagan And Hank Jones Our Delights Galaxy GXY 5113
⑥ 『Our Delights / Tommy Flanagan And Hank Jones』 GXY-5113
チョコレートで作った小さなピアノ。 コンフェクションというのですね。それぞれに
ジャムのようなものが入っていて手間がかかっています。 撮影後にみんなで
食べたのでしょうか。



Hank Jones Aint Misbehavin Galaxy GXY 5123
⑦ 『Ain't Misbehavin' / Hank Jones』 GXY-5123
シルク・ハットに赤い灰皿、曲がったたばこが置いてある。 リアルなイラストが
意味深なタイトル “不埒なことはしないよ” をうまく表現しています。
帽子を脱いだ男性は、このあとどこでどうなったことやら…



Art Pepper Landscape Galaxy GXY 5128
⑧ 『Landscape / Art Pepper』 GXY-5128
う~ん、パームツリーがモチーフですが、不思議な世界、“風景” です。 1979年7月
の東京芝郵便貯金ホールでのライヴ録音ですが、国内盤は内藤忠行氏撮影の
ペッパーの顔のアップでした。



Red Garland Stepping Out Galaxy GXY 5129
⑨ 『Stepping Out / Red Garland』 GXY-5129
このジャケットを見たときもびっくりしましたね。 ガーランドがピアノを前に背を
向けているのですもの。 丸っこい背中、雰囲気があるいい写真なのですが、
タイトルなど文字の扱いがいただけません。



Red Garland So Long Blues Galaxy GXY 5149
⑩ 『So Long Blues / Red Garland』 GXY-5149
写真に頼りすぎです。 いつも書いているように、いい写真が渡されたらデザイナーは
楽勝なのですが、それに甘えてしまって怠けています。 タイトルのデザインがいかに
大事か、という見本です。


↓よろしければクリックを↓

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/112-a020afda