Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

RCA Victor の佳作ジャケット

RCA Victor Label
1929年にRCA(Radio Corporation of America)がレコード会社のビクタートーキング
マシン(Victor Talking Machine Company)を買収して誕生したのが RCA Victor です。
とにかく膨大な量のレコードが製作されてきましたが、テリア犬のニッパーで有名な
ヒズ・マスターズ・ボイス(His Master's Voice)がセンター・レーベルでおなじみですね。
このレーベルもボーカルものが多いのですが、そんななかから わたしが知っている
ジャケット ベスト10をご紹介したいと思います。


Maureen OHara Love Letters From Maureen OHara Rca Victor LPM-1953
① 『Love Letters From Maureen O'Hara』 LPM-1953
ただ単なるポートレイトにおわっていません。 当時38歳のモーリン・オハラがとても
艶やかです。バックの色とドレスの色を合わせ、手には読んでみたいラヴ・レターが。
このレコードも、何年かまえにオリジナル盤を手放して、後悔のほぞをかんでいます。



Gisele MacKenzie Gisele Rca Victor LPM-1790
② 『Gisele / Gisele MacKenzie』 LPM-1790
アメリカの古き良き時代のアートですね。 ノーマン・ロックウェルとはちがいますが、
リアルなんだけど すこしポップ調のイラスト。 またそういう時代がきてもいいのになぁ。



Artie Shaw Any Old Time Rca Victor LPM-1570
③ 『Any Old Time / Artie Shaw』 LPM-1570
タイトルは“ちょっとむかし”。 いろいろな時計にかこまれた女性が手にしている
のは砂時計。 こういう場所で撮影すると失敗しやすいのですが、これは知的で
いい雰囲気に仕上がってます。



Al Cohn, Zoot Sims From A  To...Z Rca Victor LPM-1282
④ 『From A To...Z / Al Cohn, Zoot Sims』 LPM-1282
From A to Z 。アルとズートの頭文字そのまんまをタイトルに使っています。 なんて
しゃれたセンスなのでしょう。 あとはグラフィック処理、というより文字作ってますね!



Connee Boswell And The Original Memphis Five In Hi-Fi Rca Victor LPM-1426
⑤ 『And The Original Memphis Five In Hi-Fi / Connee Boswell』 LPM-1426
ボズウェル・シスターズの次女コニーの人気盤。 オリジナル盤が入手できるチャンスが
何度もあったのに見送ってしまいました。 コニーは7曲歌っています。 くすんだトラン
ペット、トランプ、ダイス、ひょっとして銃はデリンジャー? なんとも演出の過ぎた
写真ですが、魅力はあるのです。 不思議。



Teddi King A Girl And Her Songs Rca Victor LPM-1454
⑥ 『A Girl And Her Songs / Teddi King』 LPM-1454
彼女が読んでいるのはなんなのでしょう。 ネグリジェを着て たばこを吸って、
コーヒーを飲む? 不思議なシチュエーションです。 なにかわからないけれど、
なんとなく意味深なことを想像してしまいます。



Barbara Carroll Its A Wonderful World Rca Victor LPM-1396
⑦ 『It's A Wonderful World / Barbara Carroll』 LPM-1396
ながいあいだ一線から遠ざかっていたバーバラがブルー・ノートから1976年に復帰した
ときは衝撃的でした。 RCAのこのアルバムは彼女の全盛期、31歳のときの録音です。
ピアニストというよりも、ボーカリストの美しさを思わせるジャケットになっています。



Paul Desmond Desmond Blue Rca Victor LSP-2438
⑧ 『Desmond Blue / Paul Desmond』 LSP-2438
音楽とジャケットがとてもよくマッチしています。 女性は Joan Fields 。 なにげない
ようでいてすばらしい写真です。 じんわりと愛着がわくジャケットといえるでしょう。



Jennie Smith Jennie Rca Victor LPM-1523
⑨ 『Jennie / Jennie Smith』 LPM-1523
ジェニー18歳のときの録音。 ぜったい見えませんね。 あまりにも単純なポートレイト
だけれど探しつづけるファンは多い。 “猫のジェニー” といい人気盤目白押しです。



Julie Andrews Sings Rca Victor LPM-1681
⑩ 『Julie Andrews Sings』 LPM-1681
ミュージカルの女王、ジュリーの若かりし日の録音。 楽譜に見立てて SINGS を
デザイン。 12人の作曲家の曲を歌うところなど、女王にふさわしい企画だと
いえるでしょう。 わたしはジュリー主演の映画 「サウンド・オブ・ミュージック」 を
10数回は観ています。 愛すべき国際的エンターテイナーです。


1941年きょう5月5日にジャズ・ピアニスト、スタンリー・カウエル(Stanley
Cowell・巳年)が生まれています。 彼は Strata-East Records レーベルを
創設したことでも知られています。


↓よろしければクリックを↓

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/114-348a6074