Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Decca の佳作ジャケット

Decca Label
エドワード・ルイスによって設立された英デッカの米国子会社として1934年に
誕生しました。 ジャズ、ポピュラー音楽の膨大なカタログを有しています。
わたしが知っているアルバムからジャケット・ベスト10 をごらんください。


Peggy Lee Black Coffee With Peggy Lee Decca
① 『Black Coffee With Peggy Lee』 DL 5482
① 『Black Coffee With Peggy Lee』 DL 8358
1953年録音のみが左のモノクロ盤(10インチ)。 それに1956年録音の4曲を追加
したのが右のカラー盤(12インチ)。 カラーを撮る時点でモノクロを踏襲しようと
しているけれど絵的にはモノクロのほうが数段上ですね。 モノクロにはたばこと灰皿?
が写っているのにカラーにはそれがない。 3年のあいだにペギー・リーは禁煙に成功
したのかな?



Jeri Southern Jeri Gently Jumps Decca DL 8472
② 『Jeri Gently Jumps / Jeri Southern』 DL 8472
うまいですね。 カラーとモノクロを配する。 どちらか一方にするよりアクセントが
強烈。 たんなるポートレイトではない写真の並びがリズム感をうまく表現していると
思います。



George Russell Jazz In The Space Age Decca DL 9219
③ 『Jazz In The Space Age / George Russell』 DL 9219
タイトルは “宇宙時代のジャズ”。 絵にするのはむずかしかったのでしょうね。
ちょっと幼稚かな、とも思えますが努力は認めましょう。 ビル・エヴァンス参加で
人気盤です。



Jeri Southern The Southern Style Decca DL 8055
④ 『The Southern Style / Jeri Southern』 DL 8055
ジェリ・サザーンには似ていませんよね。 わたしはむかしからジュリー・アンド
リュースに見えてしかたがありません。 でも個性的で唇が印象に残る見事な
イラストですね。



Tommy Dorsey Tenderly Decca DL 8217
⑤ 『Tenderly / Tommy Dorsey』 DL 8217
こういうムードあふれるジャケットが大好きです。 わたしはカメラマンでは
ないですが、こんなすばらしい写真撮れたらなぁ、と思います。
文字の選び方とレイアウトもうまい。



Kitty Kallen Its A Lonesome Old Town Decca DL 8397
⑥ 『It's A Lonesome Old Town / Kitty Kallen』 DL 8397
多くのボーカル・ファンがオリジナル盤を探し求めている一枚です。 なにげない
写真なのですが、味わいがあります。 くずかごだっていい小道具になって
いるのがおもしろいです。



John Graas Jazzmantics Decca DL 8677
⑦ 『Jazzmantics / John Graas』 DL 8677
直訳は “ジャズの占い”。 ちょっとやりすぎの写真ですが、こういう時代だった
のですね。 わたしはオリジナル盤を持っていましたが、演奏が気に入らず
手放してしまいました。



Beverly Kenney Sings For Playboys Decca DL 8743
⑧ 『Beverly Kenney Sings For Playboys』 DL 8743
ビヴァリーは、ほんとジャケットによって顔がちがいますね。 どれがほんとうの
彼女なんだろうなぁ。 バニーガールならぬバニーボーイって、ちょっとおもしろくない!



Pat Kirby What Is This Thing Called Love Decca DL 8428
⑨ 『What Is This Thing Called Love / Pat Kirby』 DL 8428
タイトルがクエスチョン。 このジャケット・デザインだから、むかしから求める人
多し。 でももうすこし気品を感じさせるひと工夫がほしかった、というのが
わたしの本音です。



Peggy Lee Dream Street Decca DL 8411
⑩ 『Dream Street / Peggy Lee』 DL 8411
だれもが知っているペギーの代表作。 イラスト全盛の良き時代のジャケットですよね。
バックのストリート無彩色で描いてペギーを際立たせる、という常套手段です。


↓よろしければクリックを↓

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/123-bdc6c634