Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

タル・ファーロウはすばらしい

タル・ファーロウ(Tal Farlow・酉年)が1921年のきょう6月7日に生まれています。
手が大きく演奏のようすから 「タコ」 とあだ名をつけられていたそうです。
医師でありジャズ評論家の粟村政昭氏は、かつて三大ジャズギタリストを
チャーリー・クリスチャン、フレディ・グリーン、タル・ファーロウと
挙げていらっしゃいました。 みんな名手だったのですね。
わたしが好きでよく聴く盤3枚です。 とくに Xanadu 盤 Second Set は大好きです。
でも、この当時10分から14分の長い曲というのはめずらしかったのでしょうね。


Tal Farlow Quartet
『Tal Farlow Quartet』
Blue Note BLP 5042
1954年4月11日 録音
Tal Farlow(g) Don Arnone(g)
Clyde Lombardi(b) Joe Morello(ds)


Side-1
1. Lover
2. Flamingo
3. Splash
Side-2
1. Rock 'n' Rye
2. All Through the Night
3. Tina


Tal Farlow Fuerst Set Xanadu 109
『Tal Farlow Fuerst Set』
Xanadu 109
1956年12月18日 録音
Tal Farlow(g)
Eddie Costa(p) Vinnie Burke(b) Gene Williams(vo, B-1)


Side-1
1. Jordu
2. Have You Met Miss Jones?
Side-2
1. Out Of Nowhere
2. Opus De Funk


Tal Farlow Second Set Xanadu 119
『Tal Farlow Second Set』
Xanadu 119
1956年12月18日 録音
Tal Farlow(g) Eddie Costa(p) Vinnie Burke(b)


Side-1
1. All the Things You Are
2. I Remember You
Side-2
1. Yesterdays
2. Let's Do It

↓よろしければクリックを↓

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/139-c56d61e3