Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

ラッキー・トンプソンはこれを聴く

ラッキー・トンプソン(Eli "Lucky" Thompson・子年)が1924年のきょう6月16日に
生まれています。 そして2005年7月30日に81歳で亡くなっています。


Miles Davis Wakin 7076
『Walkin'』
Prestige PRLP 7076
1954年4月3日、29日 録音
Miles Davis(tp) J.J.Johnson(tb, Side-1)
Lucky Thompson(ts, Side-1) Dave Schildkraut(as, Side-2)
Horace Silver(p) Percy Heath(b) Kenny Clarke(ds)


Side-1
1. Walkin'
2. Blue 'N' Boogie
Side-2
1. Solar
2. You Don't Know What Love Is
3. Love Me Or Leave Me

この盤にはトンプソンはA面しか参加していません。 圧倒的にタイトル曲が
名演です。 トンプソンのソロは見事です。 ボブ・ワインストックが語っている
ように “伝統的な奏法のトンプソンがマイルスの影響を受けて素晴らしい
ソロを確立している” と…
プレイは一聴、粗野で荒々しく感じられますが、隅々まで神経がいきとどいた
すばらしいものです。 とくにバックでマイルスとジョンソンがリフをかける
部分のトンプソンのプレイは特筆ものです。


Walkin' / Miles Davis
Walkin' / Miles Davis

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/144-2ca70b4b