Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

還暦を迎えたスタンリー・クラーク

スタンリー・クラーク(Stanley Clarke・卯年)が1951年のきょう6月30日に
生まれています。 日本流にいうと還暦(還暦だけは満年齢)です。
あのスタンリー・クラークがですよ!
彼を最初に聴いたのは、やはり一世を風靡したこのアルバム、『Return To Forever』。
この作品を録音したとき、コリア30歳、ジョー・ファレル34歳、紅一点のフローラ・
プリム29歳、スタンリー・クラークは弱冠20歳、アイアート・モレイラ30歳。
いやぁ、全員が若く溌剌とした時代の斬新で画期的な作品でしたね。


Chick Corea Return To Forever ECM 1022 ST
『Return To Forever』
ECM 1022 ST
1972年2月2日、3日 録音
Joe Farrell(fl, ss) Flora Purim(vo, perc)
Chick Corea(el-p) Stanley Clarke(b, el-b) Airto Moreira(ds, perc)


Side-1
1. Return To Forever
2. Crystal Silence
Side-2
1. What Game Shall We Play Today
2. Some Time Ago~La Fiesta

アナログ盤はドイツ盤よりもアメリカ盤のほうが音が良い、という噂があります。


Return To Forever / Chick Corea
Return To Forever / Chick Corea

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/153-3468a7ad