Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

わたしが聴くジョニー・コールズ

ジャズ・トランペッターのジョニー・コールズ(Johnny Coles・)が1926年の
きょう7月3日に生まれています。 そして癌を患い1997年12月21日に71歳で
亡くなりました。
彼の奏法はノンヴィブラート派で、愛すべきトランペッターだとわたしは思っています。
リーダー作では この2枚が有名というか、多くのファンに愛されているアルバムです。
わたしは、とくに 『The Warm Sound』 が好きで よく聴いています。
小柄なので “リトル・ジョニーC” と呼ばれたことは有名な逸話です。


Johnny Coles The Warm Sound Epic LA 16015
『The Warm Sound』
Epic LA 16015
(1-1,1-2)1961年4月10日 (1-3,Side-2)4月13日 録音
Johnny Coles(tp, flh)
Kenny Drew(p) Peck Morrison(b) Charlie Persip(ds)


Side-1
1. Room 3
2. Where
3. Come Rain Or Come Shine
Side-2
1. Hi Fly
2. Pretty Strange
3. If I Should Lose You


Johnny Coles Little Johnny C Blue Note BST 84144
『Little Johnny C』
Blue Note BST 84144
(Side-1)1963年7月18日 録音 (Side-2)1963年8月9日 録音
Johnny Coles(tp) Leo Wright(as, fl) Joe Henderson(ts)
Duke Pearson(p) Bob Cranshaw(b) Walter Perkins(ds/Side-1)
Pete La Roca(ds/Side-2)


Side-1
1. Little Johnny C
2. Hobo Joe
3. Jano
Side-2
1. My Secret Passion
2. Heavy Legs
3. So Sweet My Little Girl

The Warm Sound / Johnny Coles
The Warm Sound / Johnny Coles

Little Johnny C / Johnny Coles
Little Johnny C / Johnny Coles

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/156-88b4077a