Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

ルイスの 『Jass At Ohio Union』

ニューオーリンズ・ジャズを代表するジョージ・ルイス(George Lewis “Joseph Louis
Francois Zenon” ・子年)が1900年のきょう7月13日に生まれています。
彼は現在では ほとんど製作されていないアルバート式クラリネットを吹いていました。
大きな音量が得られるのでニューオーリンズ・ジャズのプレイヤーが愛用したそうです。
彼の顔ともいえる 『Jass At Ohio Union』 が1971年に徳間音工「Dan」レーベルから
発売されたときには狂喜したものです。 モダン・ジャズしか聴かないわたしでも
発売日にゲットして聴き漁ったものです。
「The World Is Waiting for the Sunrise」、いわゆる 「世界は日の出を待っている」 は
だれもが知っているディキシーランド・ジャズの名曲。 これだけでも持つ価値ありです。
ルイスは1968年12月31日に68歳で亡くなりました。


George Lewis Jass At Ohio Union
『Jass At Ohio Union』
Disk Jockey DJL-100 → Dan VC-8001~2
1954年3月3日 オハイオ州立大学講堂にてライブ録音
George Lewis(cl) Avery “Kid” Howard(tp) Jim Robinson(tb)
Lawrence Marrero(banjo) Alton Purnell(p)
Alcide “Slow-Drag” Pavageau(b) Joe Watkins(ds)


Disc-1/Side-1
1. Introduction
2. Salute to Ohio State
3. Collegian
4. Mama, Don't 'Low No Music
5. Climax Rag
6. Lord, Lord You certainly Been Good to Me
Disc-1/Side-2
1. High Society
2. If I ever Ceased to Love
3. The World Is Waiting for the Sunrise
4. Maryland, maryland
5. Just a Little While to Stay here
6. Free as a Bird
7. I'll Be Glad when You're Dead, You Rascal You
8. Burgundy Street Blues
Disc-2/Side-1
1. Over the Waves
2. Bugle Boy Blues
3. Doctor Jazz
4. Red Wing
5. Sensation Rag
Disc-2/Side-2
1. Corrine
2. Ice Cream
3. Chimes Blues
5. Muskrat Ramble
6. Finale

Jass At Ohio Union
George Lewis Jass At Ohio Union

↓よろしければクリックを↓

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/165-fbde3d6a