Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

傑女、メアリー・オズボーン

女流ギタリストのメアリー・オズボーン(Mary Osborne・酉年)が1921年の
あす7月17日に生まれています。 かなり才能豊かで、こどものころにはバイオリンを
学び、ハイティーンになるまえにはギターとベースを演奏したそうです。
若いころ、チャーリー・クリスチャンの演奏を聴いて ど肝を抜かれたようです。
さもありなん。 彼女のプレイ・スタイルは男勝りで図太い音をガンガン出すのです。
復刻盤を持っていましたが、なぜか演奏が気に入らず、手放してしまいました。
いまとなってはコピーだけでも とっておいたらと悔やんでいます。
彼女は1992年3月4日に70歳で亡くなりました。


Mary Osborne A Girl  Her Guitar Warwick

Mary Osborne A Girl And Her Guitar Warwick
『A Girl And Her Guitar』
Warwick W 2004
1959年 録音
Mary Osborne(g) Danny Baker(g)
Tommy Flanagan(p) Tommy Potter(b) Jo Jones(ds)


Side-1
1. I Love Paris
2. I Let A Song Go Out Of My Heart
3. How High The Moon
4. When Your Lover Has Gone
5. Mary's Goodbye Blues
Side-2
1. I Found A New Baby
2. I'm Beginning To See The Light
3. Body And Soul
4. I Surrender Dear
5. These Foolish Things Remind Me Of You

↓よろしければクリックを↓

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/169-97328520