Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

ジョー・モレロの巧みなドラミング

ドラマーのジョー・モレロ(Joe Morello・辰年)が1928年のきょう7月17日に
生まれています。 彼は6歳からヴァイオリンを始め、ボストン交響楽団のソリスト
としても活躍しました。 15歳のときに名ヴァイオリニストのヤッシャ・ハイフェッツに
出会って、ヴァイオリンをあきらめたそうです。 1955年、デイブ・ブルーベックと
共演するようになり、それ以来12年半にも及ぶ活動をつづけてきたのです。
そして、ことし2011年3月12日に82歳で亡くなりました。

イントロ原盤で幻?のアルバム 。 みんなオリジナルを探したんじゃ
ないでしょうか。 ペッパーのテナーが聴けるということで。

Joe Morello Collections Intro ILP 608
『Collections』
Intro ILP 608
1957年1月3日 録音
Art Pepper(as/1-2, 1-5, 2-2, 2-5 ts/1-1)
Red Norvo(vib/except 2-2, 2-5)
Howard Roberts(g/1-3, 1-4, 2-1, 2-3, 2-4)
Gerry Wiggins(p) Ben Tucker(b) Joe Morello(ds)


Side-1
1. Tenor Blooz
2. You're Drivin' Me Crazy
3. Sweet Georgia Brown
4. Little Girl
5. Pepper Steak
Side-2
1. Have You Met Miss Jones
2. Yardbird Suite
3. I Don't Stand A Ghost Of A Chance With You
4. I've Got The World Of A String
5. Straight Life


モレロの巧みなドラミングは、なんといってもこの盤。
「Take Five」を作曲したデズモンドも偉い人です。 脱帽。

Dave Brubeck Time Out Columbia CS 8192
『Time Out』
Columbia CS 8192
1959年6月25日、7月1日、8月18日 録音
Paul Desmond(as)
Dave Brubeck(p) Eugene Wright(b) Joe Morello(ds)


Side-1
1. Blue Rondo à la Turk
2. Strange Meadow Lark
3. Take Five
Side-2
1. Three to Get Ready
2. Kathy's Waltz
3. Everybody's Jumpin'
4. Pick Up Sticks

Time Out / Dave Brubeck
Time Out / Dave Brubeck

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/170-4cdadbbe