Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

カーメル・ジョーンズって?

トランペッターのカーメル・ジョーンズ(Carmell Jones・子年)が1936年の
きょう7月19日に生まれています。 1996年11月7日に60歳で亡くなりました。
わたしはホレス・シルバーの 『Song For My Father』 でしか彼のプレイを
聴いたことがありません。 これを聴くかぎり可もなく不可もなくという
ところでしょうか。 というのもタイトル曲でソロを 取らせてもらっていない、
というのがホレスの評価だと思うのですが… いかがでしょうか。


Horace Silver Song For My Father Blue Note BST 84185
『Song For My Father』
Blue Note BST 84185
(Side-A/1,2,Side-B/1,2)1964年10月26日 録音
Carmell Jones(tp) Joe Henderson(ts)
Horace Silver(p) Teddy Smith(b) Roger Humphries(ds)

(Side-A/3)1963年10月31日 録音
Blue Mitchell(tp) Junior Cook(ts)
Horace Silver(p) Gene Taylor(b) Roy Brooks(ds)

(Side-B/3)1963年10月31日 録音
Horace Silver(p) Gene Taylor(b) Roy Brooks(ds)


Side-1
1. Song for My Father
2. The Natives Are Restless Tonight
3. Calcutta Cutie
Side-2
1. Que Pasa
2. The Kicker
3. Lonely Woman


“テナーのジミー・ヒースやピアノのバリー・ハリスの好サポートを
得て本領を発揮する彼の代表傑作” (CDジャーナルより)

Carmell Jones Jay Hawk Talk Prestige PR 7401
『Jay Hawk Talk』
Prestige PR 7401
1965年5月8日 録音
Carmell Jones(tp) Jimmy Heath(ts)
Barry Harris(p) George Tucker(b) Roger Humphries(ds)


Side-1
1. Jay Hawk Talk
2. Willow Weep For Me
3. What Is This Things Called Love?
Side-2
1. Just In Time
2. Dance Of The Night Child
3. Beep-Durple


カーメルのデビュー・アルバム。 “彼は美しいフレージングの持ち主で
クリフォード・ブラウンの再来といわれていた”? ワン・ホーンの
「Come Rain Or Come Shine」 が素晴らしいと評判、らしい。

Carmell Jones The Remarkable Carmell Jones Pacific Jazz
『The Remarkable Carmell Jones』
Pacific Jazz PJ-29
1961年6月 録音
Carmell Jones(tp) Harold Land(ts)
Frank Strazzeri(p) Gary Peacock(b) Leon Pettis(ds)


Side-1
1. I'm Gonna Go Fishing
2. Come Rain Or Come Shine
3. Night Tide
Side-2
1. Sad March
2. Stellisa
3. Full Moon And Empty Arms

Song For My Father / Horace Silver
Song For My Father / Horace Silver

Jay Hawk Talk / Carmell Jones
Jay Hawk Talk / Carmell Jones

The Remarkable Carmell Jones
The Remarkable Carmell Jones

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/172-17808a78