Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

ジョン・ファディスの一枚

トランペッターのジョン・ファディス(Jon Faddis・巳年)が1953年の
きょう7月24日に生まれています。
彼のアイドルはディジー・ガレスピーで、やはり奏法はよく似ているのですが、
ここでご紹介するアルバムは、いかんせん音が薄っぺらくなっています。
他の楽器はいい音で録れているので、トランペットだけマイクが悪いとか
録音が悪いというわけではないでしょう。
というわけで、ここはピアノのケニー・バロンを楽しむことにしましょう。
「Round Midnight」 や 「Samba De Orpheus」 などケニーのいつもの
哀愁あふれるアドリブを聴かせてくれます。
もっぱらB面をよく聴いているピアノトリオ+tp盤という わたしの解釈です。


Jon Faddis Youngblood Pablo Records 2310-765
『Youngblood』
Pablo Records 2310-765
1976年1月8日、9日 録音
Jon Faddis(tp)
Kenny Barron(p) George Mraz(b) Mickey Roker(ds)


Side-1
1. Here 'Tis
2. Gershwin Prelude #2
Side-2
1. Round Midnight
2. Be Bop(Dizzy's Fingers)
3. Samba De Orpheus

↓よろしければクリックを↓

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/180-99b69529