Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

ジョニー・ホッジスのトリプル・プレイ

ジョニー・ホッジス(John Cornelius “Johnny” Hodges・午年)が
1906年の きょう7月25日に生まれています。
彼は、いわずと知れたデューク・エリントン・バンドでの活躍が有名です。
でもわたしはビッグ・バンドが苦手なので、まったくといっていいほど
聴いたことがありません。 ここでとりあげるアルバムは、たぶん
評論家のYT氏が紹介したので、購入したのだと思います。
かんたんにオリジナル盤を入手することができたのですが、
またもや、いまは手元にありません。 う~ん、いいレコードだったのになぁ。
ホッジスは心臓発作をおこし1970年5月11日に63歳で亡くなりました。


Johnny Hodges Triple Play RCA Victor LSP-3867
『Triple Play』
RCA Victor LSP-3867
1967年1月1日~10日 録音
(1-1, 1-5, 2-3, 2-4)
Ray Nance(cor) Johnny Hodges(as) Paul Gonsalves(ts)
Buster Cooper(tb) Hank Jones(p) Jimmy Jones(2nd-p)
Tiny Grimes(g) Milt Hinton(b) Gus Johnson(ds)

(1-2, 1-4, 2-2, 2-5)
Cat Anderson(tp) Johnny Hodges(as) Jimmy Hamilton(cl, ts)
Lawrence Brown(tb) Bill Berry(vib) Jimmy Jones(p)
Les Spann(g) Aaron Bell(b) Rufus Jones(ds)

(1-3, 2-1)
Roy Eldridge(tp) Johnny Hodges(as) Harry Carney(brs)
Benny Powell(tb) Nat Pierce(p) Jimmy Jones(2nd-p)
Billy Butler(g) Joe Benjamin(b) Oliver Jackson(ds)


Side-1
1. Take 'Em Off, Take 'Em Off Part 1
2. The Very Thought Of You
3. C-Jam Blues
4. Sir John
5. Take 'Em Off, Take 'Em Off Part 2
Side-2
1. Fur Piece
2. Wild Onions
3. A Tiny Bit Of Blues
4. The Nearness Of You
5. On The Way Up

↓よろしければクリックを↓

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/182-511c9d9f