Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

ボブ・シールのフライング・ダッチマン

Bob Thiele Emergency Head Start
ジャケ写がボブ・シール、Voiceで参加。
『Head Start - Emergency』
Flying Dutchman FDS 104
1969年 録音


音楽プロデューサーのボブ・シール(Bob Thiele・戌年)が1922年のきょう
7月27日に生まれています。 そして1996年1月30日に73歳で亡くなっています。
彼はジョージ・ダグラスというペンネームを使っていて、なんとルイ・アーム
ストロングが唄って大ヒットした 「この素晴らしき世界」 を作詞作曲しているのです。
妻はジャズ・ボーカリストのテレサ・ブリュワーなんです。
彼はデッカやコーラルなど、いろいろなレコード会社のプロデューサーを務めましたが
1969年にインパルスから独立し、フライング・ダッチマン・レコードを創設しました。
ここで ご紹介するのはボブ・シールがプロデュースしたガトー・バルビエリの人気作
二枚です。 中南米のイメージが濃いユニークな作品です。
ジャケットとライナーの写真を担当したのは、2008年9月17日に78歳で亡くなった
フォトグラファーの阿部克自さんです。


Gato Barbieri Under Fire Flying Dutchman FD 10156
『Under Fire』
Flying Dutchman FD 10156
1971年 録音
Gato Barbieri(ts) John Abercrombie(g) Lonnie Liston Smith(key)
Stanley Clarke(b) Roy Haynes(ds) Airto Moreira(ds, perc)
James Mtume, Moulay Ali Hafid(perc)


Side-1
1. El Parana
2. Yo le Canto a la Luna
3. Antonico
Side-2
1. Maria Domingas
2. El Sertao


Gato Barbieri Bolivia Flying Dutchman FD 10158
『Bolivia』
Flying Dutchman FD 10158
1973年 録音
Gato Barbieri(fl, ts, vocals, hands) John Abercrombie(g, eg)
Lonnie Liston Smith(p) Stanley Clarke(b) assGene Golden(conga)
Moulay Ali Hafid(dumbek) Jean-François Jenny-Clark(b)
Airto Moreira(perc, ds) James Mtume(conga)


Side-1
1. Merceditas
2. Eclypse / Michellina
Side-2
1. Bolivia
2. Ninos
3. Vidala Triste

『Under Fire』 と 『Bolivia』 の二枚が収められた、お買い得 CD。

Bolivia & Under Fire / Gato Barbieri
Bolivia & Under Fire / Gato Barbieri

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/184-27a90914