Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

ハンク・ジョーンズの良き時代

ハンク・ジョーンズ(Henry "Hank" Jones・午年)が1918年の あす
7月31日に生まれています。 2010年5月16日に91歳で亡くなりました。
ことしの命日は一周忌でした。
わたしは、ハンク・ジョーンズのグレート・ジャズ・トリオ盤を よく
聴いていました。 ただ、GJT 諸作のベース音の録音がイマイチだし、
曲調を大切にせず、なにかバタバタした演奏が多かったと思うのです。
というわけで、古いのですが 『Somethin' Else』 がハンク自身の
絶頂期を あらわすレコードではないかと思っているのです。
いわずもがなの歴史的傑作(反論も多いが)、リード・マイルス作のジャケットは、
タイポグラフィー・デザインの極みともいうべき秀逸なものだと思います。


Cannonball Adderley Somethin Else Blue Note BLP 1595
『Somethin' Else』
Blue Note BLP 1595 → King GXK-8042
1958年3月9日 録音
Miles Davis(tp/except 2-3) Julian Cannonball Adderley(as)
Hank Jones(p) Sam Jones(b) Art Blakey(ds)


Side-1
1. Autumn Leaves
2. Love For Sale
Side-2
1. Sometin' Else
2. One For Daddy-O
3. Dancing In The Dark

当日録音された もう一曲(BNJ-27001 に収録。 最近の CDには収録)
6. Allison's Uncle(Bangoon)

Somethin' Else / Cannonball Adderley
Somethin' Else / Cannonball Adderley

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Comment

ktdchon says... "買っときゃよかった"
einishi2 様

コメントありがとうございます。
二十歳前後のころ、なるべく多くのレコードが聴きたくて
買わずに人から借りて7インチのオープンリールに録音してました。
機材が壊れてなくなったので、また借りたCDからMDにコピー。
というわけで「Somethin' Else」はアナログ盤を一度も所持せずです。
40年まえレコード屋に行けば金色のSTEREOシールを貼った輸入盤が
3,000円でお釣りがきて入手できる時代でしたが…
2011.07.31 14:35 | URL | #- [edit]
einishi2 says... "サムシングエルス良く聴いてました"
ご無沙汰しています。
このレコードのハンクジョーンズ、マイルスデービスは大好きですね。
ジャズを集めはじめて、すぐ買ったので思い出もありますね。
この盤をつかって自作のAudioも調整したりしてました。
2011.07.30 17:06 | URL | #xyyekUkk [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/187-59647e87