Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

パット・メセニーの一枚

パット・メセニー(Pat Metheny・午年)が1954年のきょう8月12日に
生まれています。 もう57歳になったのですね。 そろそろアラ還ですよ。
わたしが唯一持っている 『Watercolors』 を録音したときは弱冠22歳。
ゲイリー・バートンの 『Ring』 でデビューしたときはなんと19歳!
才能に満ちた青年だったのですね。 グラミー賞も個人で7回、
パット・メセニー・グループで10回も受賞しています。
このアルバムはフュージョンとしては人気作だったと記憶しています。
この夏、東京ディズニー・シーに行ってきたのですが、
会場でBGMとしてこのアルバムが流れていたら最適という感じです。
幻想的でアクアな世界が広がる、そんなイメージがあふれてきます。


Pat Metheny Watercolors ECM 1097
『Watercolors』
ECM 1097
1977年2月 録音


Side-A
1. Watercolors
2. Icefire
3. Oasis
4. Lakes
Side-B
1. River Quay
2. Suite
  Ⅰ. Florida Greeting Song
  Ⅱ. Legend Of The Fountain
3. Sea Song

Watercolord(MP3)/ Pat Metheny
Pat Metheny Watercolors ECM 1097

↓よろしければクリックを↓

スポンサーサイト

Comment

ktdchon says... "メセニーの世界"
einishi2 様

コメントありがとうございます。

パット・メセニー、長いこと聴いていませんでした。
久しぶりに聴いてみると新鮮でした。
同じエレキギターのフュージョンでも
これほど幻想的で神秘的な演奏はメセニーならではですね。
2011.08.13 10:08 | URL | #- [edit]
einishi2 says... "パットメセニーは幻想的"
ディズニーシーで、パットメセニーとはカッコイイですね。街並みが、地中海的にみえるので、面白いです。
2011.08.12 23:56 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/198-540f9cc2