Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

レックス・ハンフリーズの二枚

ドラマーのレックス・ハンフリーズ(Lex Humphries・子年)が1936年の
きょう8月22日に生まれています。


Lex Humphries

歯切れがよくて派手めなドラミング。 その逆にバラードでのしっとりした
ブラシの妙味。 すばらしい天性のドラマーだと思います。
このブルー・ノートの二枚は対照的で、ハンフリーズの硬軟両面を
堪能することができます。
彼は1994年7月11日に、まだまだ若い年齢の57歳で亡くなっています。


Donald Byrd Fuego Blue Note BLP 4026
『Fuego / Donald Byrd』 Blue Note BLP 4026
まぁこれほどよく聴いたレコードもないでしょう。
ハンフリーズのドラミングもすかっと響いて気持ちいい。
マクリーンよし、バードよし、ピアソンよしの名盤。



Duke Pearson Tender Feelins Blue Note BLP 4035
『Tender Feelin's / Duke Pearson』 Blue Note BLP 4035
わたしが思う一生もののピアノ・トリオ盤の最右翼。
ハンフリーズのブラシも冴えています。
オリジナル盤を お持ちの方には なんということはないでしょうが、
いつかは わたしも入手したいと思っているのです…


↓よろしければクリックを↓

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/208-327d3f3c