Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

パット・マルティーノの一枚

ギタリストのパット・マルティーノ(Pat Martino 本名 Pat Azzara・申年)が
1944年のきょう8月25日に生まれています。 彼はイタリア系アメリカ人です。
マルティーノといえば30作ほどありますが、代表作はこのレコードになるのでしょう。
もっぱら B面を聴いていました。 A面は一 二回聴いたていどではないでしょうか。
それほどバランスの異なる両面なのですね。
彼は1980年に脳動脈瘤の手術を受け、その結果、記憶を喪失したそうです。
復帰は無理だろうといわれていたのですが、彼の努力は とてつもないもので、
1987年には 『The Return』 という文字どおり復帰を意味するタイトルのアルバムで
ジャズ界に返り咲きました。
いまもジャズクラブやツアーで活躍されているようですね。


Pat Martino Exit Muse Records MR 5075
『Exit』
Muse Records MR 5075
1976月2月10日 録音
Pat Martino(g) Gil Goldstein(p)
Richard Davis(b) Jabali Billy Hart(ds)


Side-1
1. Exit
2. Come Sunday
3. Three Base Hit
Side-2
1. Days Of Wine And Roses
2. Blue Bossa
3. I Remember Clifford

Exit / Pat Martino
Exit / Pat Martino

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/211-35931e94