Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

ミシェル・ サルダビーの 3枚

ミシェル・ サルダビー(Michel Sardaby・亥年)が1935年の
きょう9月4日に生まれています。 もう76歳になられるのですね。
彼はカリブ海にあるフランス領、マルティニーク島で生まれました。
この島は、皇帝ナポレオンの王妃ジョセフィーヌの生地でもあるそうです。
わたしが彼をはじめて知ったのは 『Night Cap』 のアルバムでした。
ジャケットを見たとき “老けた おっさんだけど、こんな人知らないなぁ”
という感想でした。 それは Debs のオリジナル盤でしたが購入しませんでした。
パーシー・ヒースにコニー・ケイなのだからピアニストを知らないといっても
いまから思えば なにがなんでも買っておくべきでした。

そういうことで、再発 LPを買ったり、CDを買ったりしましたが
むちゃくちゃ のめりこみはしませんでした。 まぁそんなところです。
ここでは わたしが聴いた 3枚を録音順にとりあげました。
最初の 2枚は Wave の LP が初出オリジナル、ということだそうです。


Michel Sardaby Con Alma Mantra Wave WWLJ 5006
『Con Alma』
Mantra/Wave WWLJ 5006 → Sound Hills SSCD-8102
1964年 録音
Michel Sardaby(p) Michel Finet(b) Philippe Combelle(ds)


Side-1
1. Blues For Mae
2. Pancake Palace
3. Volcanic
Side-2
1. Brother Bill
2. Con Alma
3. Little Sister

1-1 はだれもが気に入る?名曲。 ガレスピー作の 2-2 はテンポ遅すぎ、
のれません。 やはり録音はしたものの発売しなかったのもうなづける?



Michel Sardaby Blue Sunset Mantra Wave 25 WL 5002
『Blue Sunset』
Mantra/Wave 25 WL 5002 → Sound Hills SSCD-8102
1965年 録音
Michel Sardaby(p) Gilbert Rovere(b) Philippe Combelle(ds)


Side-1
1. Always Blue Sunset
2. Room For One More
3. Empty Room
Side-2
1. Wendy
2. Lament For Billy
3. Come From No Where

1-3 の曲想がエキゾチックで好きです。 2-2、すてきなメロディがいい。



Michel Sardaby Night Cap Debs HDD 522
『Night Cap』
Debs HDD 522 → Sound Hills SSLP-8004
1970年10月30日 録音
Michel Sardaby(p) Percy Heath(b) Connie Kay(ds)


Side-1
1. Traveling On
2. Night Cap
3. I'm Free Again
Side-2
1. Maya
2. Nile Voyage
3. Satin Doll

1-1 で創りだすサルダビーの異様な世界。 1-2、イントロのヒースは長すぎ。
しかしブルース感は満点。 1-3 せつないメロディ。 2-1 はかわいいメロディ。
オリジナル曲ばかりだと受けないと思ったのか、2-3 を入れてるのですが
ちょっと違和感があります。 全曲オリジナルで通せばよかったのに。


Night Cap / Michel Sardaby
Night Cap / Michel Sardaby

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/221-614dc0b5