Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

キャノンボールとエヴァンス

キャノンボール・アダレイ(Julian Edwin “Cannonball” Adderley・辰年)が
1928年のあす9月15日に生まれています。
彼の演奏では やはりビル・エヴァンスとの共演が理性的でいちばん好きです。
ほかにも多くの人気盤や名盤があるのですが、これがわたしの理想盤。
彼のプレイの映像を見ると、体をゆすって楽しそうにスイングしたりして
ファンキーさが にじみ出ているのですが、ビル・エヴァンスとの共演になると
音だけですが、まるでエヴァンス同様、音楽教授の演奏に聴こえるから不思議。
大食漢も関係してか、惜しくも1975年8月8日に脳梗塞で46歳で亡くなりました。

ビル・エヴァンスの写真が飾られたジャケットが美しい。

Cannonball adderley Know What I Mean Riverside RLP 9433
『Know What I Mean?』
Riverside RLP 9433
1961年1月27日 録音
Cannonball Adderley(as)
Bill Evans(p) Percy Heath(b) Connie Kay(ds)


Side-1
1.
Waltz For Debby
2. Goodbye
3. Who Cares?
4. Venice
Side-2
1.
Toy
2. Elsa
3.
Nancy(With The Laughing Face)
4. Know What I Mean?

Know What I Mean? / Cannonball Adderley
Know What I Mean? / Cannonball Adderley

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/232-ed2bddaa