Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

チコ・ハミルトンのブルー・サンズ

ドラマーのチコ・ハミルトン(Foreststorn “Chico” Hamilton・酉年)が1921年の
きょう 9月21日に生まれています。 なんと90歳なのですね。
わたしにはチコ・ハミルトンといえば、こどものころよく流行った 「Blue Sands」
しか印象にありません。 マレットを操って繰り出される独特の音とリズム感。
わたしも思ったのですが、イントロを聴いた家内は “黒澤明の映画音楽みたい” と、
その異様な雰囲気が印象に残ったようです。
しばらくして作曲者バディ・コレットのエキゾチックなフルートの響きがはじまると
タイトルの 「蒼い砂」 がどこの国にあるのか、想いをめぐらせてしまうのです。
02、暗すぎます。 スタジオ録音は 03 を除いて ちょっと聴く気がしません。
つまりこのアルバムは、「Blue Sands」 のためにある一枚なのです。


Chico Hamilton Quintet Pacific Jazz PJ 1209
『Chico Hamilton Quintet』
Pacific Jazz PJ 1209 → Toshiba-EMI TOCJ-5340
(6~10)1955年8月4日、5日 ライブ録音
(1~5)1955年8月23日 録音
Buddy Collette(fl, as, ts, cl) Fred Katz(cello)
Jim Hall(g) Carson Smith(b) Chico Hamilton(ds)


Side-1
1. A Nice Day
2. My Funny Valentine
3. Blue Sands
4. The Sage
5. The Morning After
Side-2
1. I Want To Be Happy
2. Spectacular
3. Free Form
4. Walking Carson Blues
5. Buddy Boo

Chico Hamilton Quintet(HQCD)
 Chico Hamilton Quintet(HQCD)

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/239-9c2fc36c