Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

The Shirley Scott Trio

Shirley Scott Trio Prestige Moodsville MVLP-5
★★★★
『The Shirley Scott Trio』
Prestige / Moodsville MVLP-5 → Fantasy
1958年10月23日、1960年4月8日* 録音

Shirley Scott(org/1-1, 1-3, 2-2, 2-3 p/1-2, 1-3, 1-4, 2-1, 2-3, 2-4)
George Duvivier(b) George Tucker(b)* Arthur Edgehill(ds)


Side-1
1. Sweet Lorraine
2. I Thought I’d Let You Know *
3. I Should Care
4. Spring Is Here *
Side-2
1. I Didn’t Know What Time It Was *
2. Gee Baby Ain’t I Good To You
3. Until The Real Thing Comes Along
4. Lover Man *

シャーリー・スコットってブルース・ピアノがうまいなぁ、と思わせる一枚です。
といいつつ実は彼女のアルバムはこれ一枚しか持っていません。 しかもファンタジー盤。
24歳から26歳にかけて、彼女の若い時代の充実したプレイが聴けます。
全体にはブルース・フィーリングがあふれていて聴くほうもゆったりリラックスでき、
お酒を呑みながら聴くのに うってつけの すてきな一枚です。
どちらかというとジョージ・タッカーがベースを務めた60年録音のほうにいいトラックが
多いと感じます。 名曲の 「Lover Man」 などは最高。
その60年録音には 「Bye Bye Blackbird」 を録音した記録が残っているのですが、
LP未収録です。 わたしの好きな名曲、ぜひとも聴いてみたいものです。


↓よろしければクリックを↓

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/247-7900f8d8