Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

Reunion Blues / Oscar Peterson

Oscar Peterson Reunion Blues MPS BASF 21 20908-3
★★★★★
『Reunion Blues』
MPS / BASF 21 20908-3
1971年7月 録音
Milt Jackson(vib)
Oscar Peterson(p) Ray Brown(b) Louis Hayes(ds)


Side-1
1. Satisfaction
2. Dream Of You
3. Someday My Prince Will Come
4. A Time For Love
Side-2
1. Reunion Blues
2. When I Fall In Love
3. Red Top

いきなりトップスピードの 「Satisfaction」 で始まるセンスの良さ。 ミルトのヴァイブは
いつ聴いても惚れぼれします。 ルイス・ヘイズのシンバルワークのうまさも天下一品。
ローリングストーンズの名曲が見事にジャズチューンに なりきっているのです。

つづく 「Dream Of You」 のミルトのソロも絶品です。 このテンポいうことなし。
「Someday...」 はピーターソンのソロのバックでつけるレイ・ブラウンの演奏とソロに
惹かれます。 メロディアスで うまいベーシストだなぁ。
「A Time For Love」 はなにか切なくなるイメージの曲想。 そう、失恋したときの感じ。
でも途中アップテンポになるところ、つかの間のファイトをもらえます。

タイトル曲 「Reunion Blues」、ブルースなのに元気がでてきそうで気持ちいい。
「When I Fall...」 はベースがテーマを演奏する意外な展開。 これもやはりミルトの
プレイが際立っています。

ひさしぶりに聴いてみて、いちだんと その良さが確認できた一枚です。
レコードは持っているだけではだめですね。 しっかり楽しまなくちゃ、ね。


Reunion Blues / Oscar Peterson
Reunion Blues / Oscar Peterson

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/254-e316f5be