Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

When There Are Grey Skies / Red Garland

Red Garland When There Are Grey Skies Prestig PR 7258
★★★★
『When There Are Grey Skies』

Prestige PRST 7258 → Victor VICJ-60031
1962年10月9日録音
Red Garland(p) Wendell Marshall(b) Charlie Persip(ds)

Side-1
1. Sonny Boy
2. My Honey’s Lovin’ Arms
3. St. James Infirmary
4. I Ain’t Got Nobody
Side-2
1. Baby, Won’t You Please Come Home
2. Nobody Knows The Trouble I See

CD Bonus track
7. My Blue Heaven

意外と評判のいいアルバムですが、タイトルどおり暗いイメージが浮かんでしまいます。
いきなり 「Sonny Boy」 の暗さはキツイ。 そしてブログなどで この曲が好きだ、と
よく紹介される 「St. James Infirmary」。 これもわたしは好みではありません。
不思議にも LPのライナーには表記がない曲 「I Ain’t Got Nobody」 は すてきです。
「Baby, Won’t You Please Come Home」 が軽快なプレイでベストトラックか。
CDのみに収録されている 「My Blue Heaven」 は われら世代には榎本健一、いわゆる
エノケンの歌唱で なじみ深い曲。 ガーランドには手慣れすぎて おもしろみがない。

なぜ こうなったのか、単なるミスプリ?

Red Garland When There Are Grey Skies Jacket

Red Garland When There Are Grey Skies Label

When There Are Grey Skies / Red Garland
When There Are Grey Skies / Red Garland

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/269-f68c0131