Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

スーのニューアルバム !

Sue Raney Listen Here

ネットを見ていてスー・レイニー(Sue Raney・辰年)のニューアルバムを発見し、
びっくりしました。 昨年2010年8月の録音ですから、彼女は70歳になっています !
輸入盤ではすでに出ているのでしょうか? SSJ からは ことし4月に発売されます。
彼女の17枚目 (コンピレーションは除く) のレコードです。 楽しみができました。
17歳でデビューアルバムをリリースして、70歳の年齢になるまで歌いつづけられるなんて、
とてもすばらしいことだとは思いませんか。


「Listen Here」 Sue Raney (vo) Alan Broadbent (p) 2010年8月録音
01. Listen Here
02. My Melancholy Baby
03. A Nightingale Sang In Berkley Square
04. The Bad And The Beautiful(Love Is For The Very Young)
05. The Music That Makes Me Dance
06. He Was Too Good To Me
07. You'll Never Know
08. Skylark
09. It Might As Well Be Spring
10. It Never Was You
11. Aren't You Glad You're You 
12. You Must Believe In Spring
13. There Used To Be A Ballpark
14. Smoke Gets In Your Eyes


Listen Here / Sue Raney
Listen Here / Sue Raney


Sue Raney 6 type
上左から
「Songs for a Raney Day(1960)」 「Sings the Music of Johnny Mandel(1982)」
「Ridin’ High(1984)」
下左から
「Flight of Fancy(1986)」 「In Good Company(1990)」
「Heart's Desire:A Tribute to Doris Day(2006)」


わたしはスー・レイニーが大好きです。 ファニーフェイスでチャーミングな歌声。
ジョニー・ソマーズ(Joanie Sommers・巳年)ほどのファニー・ヴォイスではないけれども、
独特の “節” を持っています。 発声できるレンジがスムースでとても広く、
のびやかな声と微妙にかけるヴィブラトーン、ほんとうにすばらしい。
そして、中年からリリースするレコードは、おとろえるどころか、ますます輝きを増して
魅力が横溢しています。 まさに天性の才能にあふれたヴォーカリストだと思います。
ちなみに彼女の夫は、ボストンレッドソックスからシカゴカブスへ移籍し、1974年に
引退したカーメン・ファンゾーン(Carmen Ronald Fanzone)という人で、
フリューゲルホーンプレイヤーでもあります。 「ライディン・ハイ(Ridin’ High)」で
共演しているので、聴くことができますよ。


※2月13日 ロサンゼルスで発表されたグラミー賞。 クラシックピアニストの
内田光子さんが、最優秀インストゥルメンタル・ソリスト演奏賞を受賞しました。
受賞の対象となった作品は アメリカのクリーヴランド管弦楽団と共演した
モーツァルトのピアノ協奏曲 第23番、第24番です。 すばらしい快挙ですね。


↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/27-72f54c91