Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

ソニー・クリスの傑作

ソニー・クリス(Sonny “William” Criss・卯年)が1927年の きょう10月23日に
生まれています。 来日直前、1977年11月19日に50歳で自殺(別に殺害説あり)。
すべてのアルバムを聴いたわけではないので えらそうなことは言えませんが、
『Saturday Morning』 が最高作だと思っています。


Sonny Criss Saturday Morning Xanadu 105
『Saturday Morning』
Xanadu 105
1975年3月1日 録音
Sonny Criss(as) Barry Harris(p)
Leroy Vinnegar(b) Lenny McBrowne(ds)


Side-1
1.
Angel Eyes
2. Tin Tin Deo
3. Jeannie's Knees
Side-2
1. Saturday Morning
2. My Heart Stood Still
3. Until The Real Thing Comes Along

やはりオープニング、マット・デニス作の 「Angel Eyes」 いいですねぇ。
そしてつづく 「Tin Tin Deo」。 チャノ・ポソとガレスピーの共作で
エキゾチックな旋律がたまりません。 ケニー・バレルにも名演があります。
それにアルバムタイトル曲の 「Saturday Morning」 はクリスの作曲。
以上この3曲まとめてベストトラック、聴くべし。 ハリスのピアノも最高です。

彼の Imperial盤 『Jazz U.S.A.』 に関しては
こちら をごらんください。

Saturday Morning(MP3)/ Sonny Criss
Sonny Criss Saturday Morning Xanadu 105

↓よろしければクリックを↓

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/270-c47c8b02