Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

The Ronnell Bright Trio

Ronnell Bright The Ronnell Bright Trio Polydor 46 106
★★★☆
『The Ronnell Bright Trio』
Polydor 46 106 → Universal Music 275 229-1
1958年6月5日 パリにて録音
Ronnell Bright(p) Richard Davis(b) Art Morgan(ds)

Side-1
1. Sail'Em
2. Things Ain't What They Used To Be
3. Johny Pate's Blues
4. R And R Groove
Side-2
1. The Champ
2.
Easy Listening
3. Chasing Sarah
4. Doxology

ロンネル・ブライトは作曲した曲が多く日野皓正氏の 『Feelin' Good』 のなかに
収録されている 「And Satisfy」 も彼の作品です。 かっこいい曲です。
かねてから幻のアルバムとして話題にのぼっていた本盤を購入してみました。
う~ん。 そこまで騒ぐほどのことはないんじゃないの、というのが正直な感想。

オリジナルテープの歪みか、ピッチの狂う部分が ときたま現れ がっくりします。
けれど 「Easy Listening」 がすばらしいブルースフィーリングで聴きものです。
ベースのソロもメロディアスだし腹に響く迫力ある音になっています。 ということで、
この曲がベストトラック。 「Doxology」 のベースソロもすごい。 デイヴィス凄し。
あとはとりたてて、というかんじで希少性だけが先走った感があります。

The Ronnell Bright Trio
The Ronnell Bright Trio

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/273-dbef4b30