Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

3 a.m.+Cocktail For Three / Georges Arvanitas

Georges Arvanitas Trio EJC55453
★★★★
『3 a.m.+Cocktail For Three』

Essential Jazz Classics EJC55453
(1~7) 1958年9月10日 パリにて録音
Georges Arvanitas(p) Doug Watkins(b) Art Taylor(ds)
(8~14) 1958年3月4日 パリにて録音
Georges Arvanitas(p) Gene Taylor(b) Louis Hayes(ds)

01. Three A.M.
02. A Night In Tunisia
03. Celia
04. Softly As In A Morning Sunrise
05. Our Delight
06. What's New ?
07. T.W.A. Blues
08. Cocktail For Three
09. Everything Happens To Me
10. Algo Bueno
11. Airegin
12. Mean To Me
13. Tune Up
14. Bluesy Blues

ありがたいことにこんな幻盤というか希少盤が CDで聴ける。
しかも 2枚いちどに。 しかも安い。 なので購入しました。


Georges Arvanitas 3 a.m. Pretoria 30J3000 Georges Arvanitas Cocktail For Three Pretoria 30J3003
『3 a.m.』 Pretoria 30J3000 『Cocktail For Three』 Pretoria 30J3003

ギリシャ移民の子、ジョルジュ・アルヴァニタは どんな演奏をするのか。
で、聴いてみるとオリジナル盤に数万円も払うほどではないことがわかります。
いわゆる佳盤です。 コーヒーを飲みながら小ぶりのシステムコンボで聴いていたい。
ベースとドラムスが この四人だから よけいに聴く気を誘ったのかもしれませんね。
10曲目 「Algo Bueno」 はガレスピー作の 「Woody'n You」 です。


3 a.m.+Cocktail For Three / Georges Arvanitas
3 a.m.+Cocktail For Three / Georges Arvanitas

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/276-271e8d8d