Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

ビリー・ミッチェルの佳演

テナーサックスの ビリー・ミッチェル(Billy Mitchell・寅年)が1926年の
きょう11月3日に生まれています。
Billy Nitchell
ビリー・ミッチェルは このレコードでしか知りません。 たぶん…
ぜんたいに ほんわりというか、のどかなイメージで知られる本作。
たしかに休日の暖かい昼下がり、コーヒーを飲みながらに うってつけ。
「Thedia」 はミッチェルのソロで始まります。 音程にちょっと不安が
あるけれど、意欲的なアドリブで がんばっています。
このアルバム 「April In Paris」 だけではない、ということを認識させてくれる
佳作だと思います。 彼は2001年4月18日に74歳で亡くなっています。


Thad Jones The Magnificent Blue Note BLP 1527
★★★★
『The Magnificent Thad Jones』
Blue Note BLP 1527 → King GXK-8109M
1956年7月14日 録音
Tad Jones(tp) Billy Mitchell(ts/except 2-1, 6)
Barry Harris(p) Percy Heath(b) Max Roach(ds)


Side-1
1.
April In Paris
2. Billie Doo
3. If I Love Again
Side-2
1. If Someone Had Told Me
2. Thedia

CD Additional tracks
6. I've Got A Crush On You
7. Something To Remember You By(1956年7月9日 録音)

The Magnificent Thad Jones
The Magnificent Thad Jones

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/282-716bd105