Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

ラリー・バンカーの好演

ラリー・バンカー(Lawrence Benjamin “Larry” Bunker・辰年)が1928年の
きょう11月4日に生まれています。 ヴァイブラフォンも演奏したバンカーは
2005年3月8日に76歳で亡くなりました。 ことしの命日は七回忌でした。
Larry Bunker
ビル・エヴァンスとの初の共演盤 『….At Shelly's Manne-Hole』 が大好きです。
ドラムスなしで始まったクラブでの公演でしたが、ラリー・バンカーが飛び入りで
参加すると、エヴァンスが気にいってしまった。 という偶然が この名盤を
生みだしたのです。 よかった よかった。
ポール・モチアンとは またちがう渋いブラシさばきが すばらしいドラマーです。
ちなみに 「'Round Midnight」 では手がすべったのでしょう。 彼がスティックを
落とした音まで録音されています。


Bill Evans Shellys Manne Hole Riverside RLP-9487
★★★★★
『Bill Evans Trio At Shelly's Manne-Hole』
Riverside RLP-9487
1963年5月14日 *5月19日 Shelly's Manne-Hole にてライブ録音
Bill Evans(p) Chuck Israels(b) Larry Bunker(ds)


Side-1
1.
Isn't It Romantic
2. The Boy Next Door
3. Wonder Why *
4. Swedish Pastry *
Side-2
1. Our Love Is Here To Stay
2. 'Round Midnight
3. Stella By Starlight
4. Blues In “F”


At Shelly's Manne Hole / Bill Evans
At Shelly's Manne Hole / Bill Evans

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/283-33731c08