Jazz Classic Audio Life

ジャズ、クラシック、オーディオの想いを日々綴ります。   ブログ内で お探しのキーワードを右の枠に入力して GO ⇒

I Love A Piano / Phineas Newborn

Phineas Newborn I Love A Piano Roulette R 52043
★★★★☆
『I Love A Piano』

Roulette R 52043 → Columbia YY-7011-RO
1959年10月26日、29日 録音

Phineas Newborn(p) John Simmons(b) Roy Haynes(ds)

Side-1
1.
Take The “A” Train
2. Gee Baby Ain't I Good To You
3. Ain't Misbehavin'
4. I've Got The World On A String
5. The Midnight Sun Never Sets
Side-2
1. Real Gone Guy
2. Undecided
3. Ivy League Blues
4. Love And Marriage
5. Give Me The Simple Life

あまり聴くことがなかった本作。 久しぶりにターンテーブルに乗せました。
よく聴いてみると この盤は彼の代名詞になっている “テクニックで聴かせる”
だけの作品ではないということが わかる一枚です。
わたし 「Take The “A” Train」 のピアノトリオの演奏で いいと思ったものが
ないのですが、フィニアスの これはとってもいい。 一世代上のジョン・シモンズの
軽快なベースの せいでもあるのでしょう。

「Gee Baby...」 「Ain't Misbehavin'」 と小気味よい演奏がつづき、A面ラストの
「The Midnight Sun Never Sets」 が しっとり聴かせて好演。 ベストトラックです。
B面も 「Undecided」 ほか いつものフィニアスとは ひと味ちがうプレイが並びます。
じっくり聴ける いいアルバムです。


I Love A Piano / Phineas Newborn
I Love A Piano / Phineas Newborn

↓よろしければクリックを↓
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://jcalife.blog.fc2.com/tb.php/285-aba78b2f